オヤジの戯れ言

お盆が終わって子供たちの夏休みも終盤。

オヤジはこの頃から夏休みの宿題に取りかかってましたなぁ😅


以下はオヤジの戯れ言です。
ヒマを持て余したオヤジが思いつくまま好き勝手な事を書いてますので、興味の無い方はスルーして下さいませ~🎵


靖国神社

国家の命令で戦地へ赴き、将来の私達の為に戦い、残念ながら命を落とされた方々をお祀りしているのが靖国神社である。




国家として国の為に尽くされた方々を弔う事は万国共通の常識的な行為である。

そのやり方に関しては其々の国の歴史・伝統・宗教・文化に則った作法で執り行われている。

日本国では靖国神社にお祀りする事になっているが、これについて日本と戦った事実がないチャイナと当時は日本軍として連合国と戦った韓国が、ある日から突然猛烈な抗議という名の『内政干渉』をする様になった。


A級戦犯が合祀されている

日本を占領した連合国は法律の世界で禁じられている事後法で「a b c』という罪を作り出し、日本の戦争指導者等を裁いた。

この時日本に主権は無く、連合国の命令に従うしかない状態であったが、サンフランシスコ講和条約を経て昭和27年(1952年)4月に主権を回復した時から、日本政府は直ちにこの人たちの名誉回復にとりかかり、昭和28年(1953年)の国会では共産党・社会党も含む全会一致で「戦犯として処刑された人々は、法務死であって戦死者とみなす」と決議した。

この時点で日本には『戦犯』は存在しなくなったのである。

また、もし仮に戦争犯罪者だったとしても刑を執行され罪は「死」という形で償われているので罪人ではないのである。

そして『亡くなった者の魂は全て神様』が日本における伝統的な宗教観なのである。


閣僚の靖国神社参拝

首相や閣僚が靖国神社を参拝するのはダメだと言い出したのは『朝日新聞』

所謂A級戦犯が昭和53年(1978年)に合祀され、大平正芳3回、鈴木善幸8回、中曽根康弘(1985年までに)9回と靖国神社に参拝したが、その時にチャイナや韓国は全く騒いでいない。


終戦40周年となる昭和60年(1985年)に『朝日新聞』が首相の公式参拝は違憲だ何だと騒ぎ出し、「中国が厳しい視線で凝視している」などと嘘の記事を書きまくった。

『朝日新聞』は既に慰安婦問題なる嘘キャンペーンもやっており、チャイナ・韓国の両政府にこれからの嘘情報をぶつけてコメントを引き出し「海外から批判されている」と逆輸入して報道した。

ここから歴代の首相が参拝に及び腰になり、靖国神社への参拝が政争の具へと貶められた。

少し話はズレるが、戦前に戦争を煽ったのが『朝日新聞』であり、戦後に反日キャンペーンを捏造報道で煽っているのも『朝日新聞』である。


話しが纏まらなくなってきた💦


靖国神社への参拝はナゼか8月15日がメインになっているが、本来は春と秋の例大祭が一番重要な祭事である。

敵から学ぶという事があるが、チャイナの公船、戦闘機が毎日の様にやって来ているが、余りに頻繁になってきたら全く報道されなくなった。

国会議事堂から靖国神社まではほんの10分程度の距離なので、チャイナの事例を真似て毎日登庁前に参拝すればいいのである。

パフォーマンス愛国者でなければ十分可能なのではないだろうか?
(まぁこれは半分冗談ではあるが)


8月15日は大切な日ではあるが、70年以上もそれを引き摺り萎縮してしまうのもどうかと思う。


確かに日本国は戦争に負けた

しかしサンフランシスコ講和条約、日韓基本条約、日中共同宣言等で賠償などは全てクリアされているのだから堂々と振る舞えばいいのである。



最後までオヤジの戯れ言にお付き合い下さりありがとうございました

残暑厳しい折、皆さまお身体にご慈愛下さいませ🎵


ポチっと押してもろてもヨカですか~?

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

オヤジの戯れ言

日本の各地で花火大会が開催されてますね。




花火ならいくら打ち上げて貰ってもイイんだげど、違うものを打ち上げてるバカちんがいて大迷惑ですなぁ😠





・・・さて、以下はオヤジの戯れ言です。
思いつくままに好き勝手な事を書いてますので、興味の無い方はスルーして下さいませ~🎵😅



私が愛する日本国の「今そこにある危機」について、国会では何も話しあわれず森友・加計の学園モノばかりであり、そこから派生した些末な議論というか難癖ばかりである。

国会とは政府が国を運営する為の法律と予算を決める場で、2016年度第3次補正予算案、17年度予算案を中心に関連法案などが審議されるはずだったのだが・・・


日本最大の課題が20年に渡るデフレーションである。


これを解決する為の対策について全く議論される事なく一般会計97兆4547億円が決定された。

日銀による国債の買取りを中心にした金融政策によってお金は低金利で借りれる環境が整えられ、失業率は労働者人口の減少と相まって改善して来ている。

しかし民間は、低金利でもお金を借りて設備投資をしても売れる(儲かる)という確信が持てず、どんどんお金を借りる状況(気持ち)にはなっていない。

この様な時には政府が率先して財政支出をして経済を支える(需要を作り出す)のが古今東西の王道であり、これがデフレ脱却のポイントなのは歴史的にも証明されている。

しかし政府は増税・緊縮財政と全く逆の事をし、構造改革と規制緩和という美名を掲げて本来規制をかけておくべきものまで破壊し、国民を貧困化させ続けている。

これには財務省官僚のプロパガンダが大きく影響している。


その最たるものが

財務省は10日、国債と借入金などの残高を合計した「国の借金」が6月末時点で1078兆9664億円になったと発表した。
7月1日時点の人口推計(1億2675万人)を基に単純計算すると、国民1人当たりの借金は約851万円になる。(8/10 時事通信)


サラリーマンならある程度決算報告書や財務諸表を読む知識があると思うが、貸借対照表(バランスシート)の負債の側にいくら借入金あったとしても左側の資産が十分にあれば「この会社は潰れる!」とはならない。

例えば、日本を代表するトヨタは19兆円の負債があるが資産もあるので倒産するとは誰も考えない。

資産と負債の両方を見るのではなく、片方の負債だけを見せて不安を煽っているのである。


実際の政府のバランスシートを見ると、負債の方は確かに約1000兆円だが資産が約800兆円あり、200兆円の赤字である。

これは日本のGDP500兆円との比率で言えば40%程度であり、主要先進国の60%~80%と比べても明らかに低い状況であり、世界的に見ても日本国の財政は非常に健全なのである。

これはノーベル経済学賞の経済学者たちも認めており、これに反論は(財務省のポチ以外)無いところである。

だから米国経済が不安になれば円が買われるし、金利がゼロでも日本国債は買われる程信頼されている。
もし財政破綻して『円』が紙クズになるなら、特にカネに汚い外資系金融機関はさっさと円を売っている。


財政破綻はしないので、デフレの今打つべき政策は『政府の財政支出』

政府がお金を使えばそれを受け取るのは日本国民であり、国民は潤うのである。


『次の世代に借金をつけ回すのか❗』

との論があるが、今私たちが快適に暮らせているのは先輩方が「建設国債」で道路やトンネル等を作ってくれたおかげであり、これを迷惑だったと考える人はいない。

自分たちは恩恵を受け子供や孫は穴の開いた道路や壊れかけた橋を使えというのか?
また、いつ氾濫するかわからない河川の側で不安に怯えて暮らせというのか?


社会インフラの建設は安全で快適な暮らしを作るために必要なもので、結果として資産が作られる(残る)から借金ではない。

昨今話題の「子どもの教育費」を国債で賄っても立派な人材投資であり、教育という人材投資をして知的水準が向上すれば収入も高くなり、投資した金額の何倍ものリターンを納税という形て還元してくれる。


デフレーションとは供給に対して需要が足りていないという現象である。

今は民間の需要が低下が低下しているから政府が需要を作り出す時期=国債発行して投資する時期なのである。

インフレーションとは需要が供給を上回りお金を借りてでも「買いたい」「設備投資をしたい」という状態で、それが行き過ぎると過剰な物価上昇を招くので増税や緊縮財政といった経済成長にブレーキをかける「インフレ対策」を取る。

つまり、今政府がやっているのはインフレ対策であり、デフレ対策とは全く逆の施策なのである。


『日本は少子高齢化でもう成長できない』
『国の借金が1000兆円で財政破綻する』

そんなデマを流し不安を煽り続ければ人々の気持ちを冷え込ませ、前向きに生活する事は出来ない。


いまTVや新聞で耳にしている情報が本当に正しいのかを知る努力が必要である。


以上、最後までオヤジの戯れ言にお付き合いいただきありがとうございました

まだまだ暑い日が続きますが、皆さまご慈愛下さいませ


ポチっと押してもろてもヨカですか~?

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

オヤジの戯れ言

毎年日本の何処かで必ず起こる自然災害。




警察・消防・自衛隊などによる災害発生直後の救援体制はかなり整えられてきていますが、壊れた河川や道路、町を再建する役割を担う建設業者が不足しています。


『国の借金が!』とか『コンクリートから人へ』『子供や孫へのツケ』というプロパガンダで、国民の生命・財産を守るために必要不可欠な予算さえガンガン削ってきました。

おかげで建設業者は激減し、平時には老朽化した橋やトンネルを維持管理し、緊急時には復旧するのが困難になっていて、「必要な物を自前で供給出来ない」という発展途上国化への転落の道を突き進んでいます。


特に最悪なのが東日本大震災の復興費用を建設国債ではなく増税で賄うという愚行です。

将来の子供や孫に安全で住みやすい町を(国を)作るのが果たして『悪』なんですかねぇ・・・


以下はオヤジの戯れ言になります。
ヒマを持て余したオヤジが好き勝手な事を書いてますので、興味のない方はスルーして下さいませ~🎵



【地上波TVメディア&新聞による嘘】


電波というのは限られた資源であり、国民の共有財産である。

したがって、電波を使うには国の特別な許可が必要で、事業者は国の許可(免許)を取って放送をしなければならない。

その国民の共有財産である電波を営利目的で(しかも格安で!)使うのだから、「放送法」というルールが定められている。


放送法には「政治的に公平であること」「報道は事実をまげないですること」等が定められてあるが、果たしてこの法律が遵守されているかと言えば、完全に無視され法律違反の状況である。


政府・政権の行動をチェックし、おかしな事があれば広く国民に報道するというのは大いにやって構わないし、是非そうして欲しい。

しかしそれは、事実に裏打ちされた真実のみが許されるのであり、噂や想像レベルの物を何の検証もなく報じてはならないのであり、ましてや特定の政治的イデオロギーや 意思を持って放送してはならないのである。

これをやれば法律違反なので、当然『免許取り消し』になる。


以前、高市総務大臣が『法律違反があれば免許取消しもありうる』と答弁し、マスコミは一斉に「報道の自由が~💨」と反発したが、法律に違反すれば罰則を受けるのが当然であり、何も間違った事は言っていない。


一方、新聞やインターネット等の電波を使用していないメディアは放送法の縛りを受けないので、「公序良俗に反しなければ」自由に何を発信してもかまわない。

しかし、新聞各社は公正中立だと公言しているし、地上波TV局と密接な資本関係にあるので、他の週刊誌やインターネットメディアなどとは一線を隔す立場にある。


先に断っておくが、私は安倍政権や自民党を支持はしてはいない。


私は日本の国益にかなうか否かを判断の基準にしているので、安倍政権の政策にはかなりの部分で否定的であり、今よりマシな人物や政党があれば直ぐにそちらを支持するつもりだ。

しかし、この判断をするための情報が、メディアのによって歪められてしまったら、正しい判断が不可能となる。


私はこれが許せないのである。


先日あった東京都議選挙でのTVの偏向報道ぶりというか、選挙妨害報道はかなり酷かった。


一例だが、秋葉原での応援演説で安倍首相が『こんな人たちに負けない❗』と言った事が問題視され、「自分に反対する者を批判した」と繰返し同じシーンが放送されているが、

秋葉原のロータリーには




この様に数千人がやって来ていた。

この下側の真ん中辺りにマスコミ用の報道スペースがあり、ここから演説の様子を撮影している。

そして通常ならこのマスコミスペースの周囲は一定の広さで「一般人は立ち入り禁止」になっているのだが、この時はなぜか安倍反対派のみが立ち入りを許されて陣取っている。






この反対派は「しばき隊」や「中核派」、辺野古に居る様ないわゆる「プロ市民」といった極左反日活動家集団である。




この極々一部の輩が街頭演説という重要な選挙活動を妨害しているので『(選挙妨害をする)こんな人たちに負けない❗』と言ったのであって、反対する者を批判した訳ではない。


更に不思議な事に、マスコミが陣取っている所にインチキおじさんが登場




これはマスコミが出演要請したとしか思えないし、反対派が取材し易い場所に陣取れたのも言わずもがなである。

この様な歪曲した切取りや印象操作は「政治的公平」や「真実のみを報道」に明らかに反しており、正常な投票行動にも悪影響を与え、日本国民の大切な権利を侵害している。

そして今回の行為は「報道の自由」や「表現の自由」の一線を完全に踏み越えた『討閣運動』であり、マスコミによる政治活動であるので、即刻放送免許を取り消しである❗❗



現在私達はインターネットという情報収集のツールを持っている。

ネットに出ている情報は玉石混淆であり、自分自身で正しい情報を見つける努力と判断力が必要ではあるが、マスコミが一方的に垂れ流す報道と比較しながら見ると正確な情報を得る事が出来る。


因みに私は

真相深入り 虎ノ門ニュース

おはよう寺ちゃん

ザ・ボイス

Front Japan 桜

などをYoutubeで見て(聞いて)、出演者のこれまでのSNSなどでの発信・発言をチェックしたりして、地上波TVとは180度違う角度からの情報を取る様にしている。
(因みに、これらの番組の出演者はTV局の編集方針と違う意見を述べるので、一般的には知られていない人ばかり)


朝は新聞を読みTVしか見ない年齢層と既存メディアよりもネット情報により多く触れている年齢層では投票行動がかなり違っていたそうで、既存メディアの影響が少なかった(自分なりに判断した)そうである。


加計学園関連や消費税アップ、憲法改正等々でこれら益々『嘘』情報がメディアから垂れ流されるだろうが、ネットを活用して出来る限り正確な判断をしたい。


今回もヒマに任せて、まとまり無く長々と書いてしまいましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました




ポチっと押してもろてもヨカですか~?

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

オヤジの戯れ言

梅雨入りしたと発表されたら晴天が続く…

お天気あるあるですね😄

さて、天皇陛下のご譲位に関する特別法案が可決され、6月16日に公布されました。

これで今上陛下は遅くとも平成32年(2020年)6月15日までに現在の皇太子殿下に譲位され、新しく天皇に即位される事になりますね。


以下はオヤジがヒマに任せて書いた戯れ言です。
興味の無い方はスルーして下さいませ~🎵


オヤジはこの特例法案には文句はないのだが、付帯決議として女性宮家創設が書き込まれた事が非常に腹ただしい。

付帯決議は別に何の法的拘束力も無いので一切無視してイイものなのだが、そもそも今回天皇陛下がご譲位される事と女性宮家の創設や女性・女系天皇は全く関係のない話。

それを民進党は陛下のご譲位を人質に取って無理やり関係ない話を盛り込んだ、天皇の政治利用であり、無礼にも程がある。


先日、政治資金をガソリンプリペイドカードで流用した疑惑をうやむやにし、「日本死ね」で流行語大賞を受取に来た山尾志桜里(民進党)がTV番組で、


(拾い画像)


男系男子のみを皇位継承者と定めた皇室典範について「歴史的経緯があるというのが、唯一の理由だ。歴史的にそうしてきたことと、これからもそうすべきだという価値判断は、まったく論理必然ではない。新しい工夫や知恵が必要だ」と述べ、女性・女系天皇容認も検討すべきと認識を示した(産経ニュース)


歴史や伝統とは論理や合理性などというものをある意味で超越したものではないか?

神武天皇から数えて125代、皇紀で言えば2677年、歴史学的に何代かは実在していないとの説もあるが、仮に存在がはっきりしている第26代継体天皇(503年即位)からでも1500年、男系の方が天皇に即位する事を守り繋いでいる。


現在の皇室典範では女性天皇は認められていないが、オヤジは『男系』であれば女性天皇でも良いと思っているので、「皇位継承は男系男子のみ」については「男系のみ」に変えて女性が天皇になる事も認めて良いと考える。

しかし、たかだかこの数十年で出てきた、「男女平等」という考えを錦の御旗に、更にチラチラと見え隠れするある種のイデオロギーがプラスされた者たちが軽々に論じて良いものではない。

少なくとも1500年続いている事実と真摯に向き合い、その歴史と伝統に一種の畏怖と尊敬の念を持って、イデオロギーを抜きにして謙虚に考え論じるべきものである。


【男系・女系、男性・女性】

天皇・皇族について論じられる時に、ほとんどの政治家やマスコミこの違いを理解しないまま、混同して語っている。


『男系』とは、父親の父親の父親…と家系(血統)を遡ると天皇にたどり着きますよという事。

明治時代に定められた旧皇室典範で、天皇は男系男子とされたが、それまでは父方の家系(血統)が天皇に繋がっていれば天皇の性別は男女どちらでも良かった。
実際に推古天皇等10代9人の女性が天皇に即位している。


大変不敬ながら、分かり易く『男系天皇』を現在の皇族で例えると・・・


皇后陛下や雅子妃殿下は父方が一般人なので天皇にはなれないが、愛子内親王殿下や真子内親王殿下、佳子内親王殿下は父方が天皇に繋がるので天皇になる事が出来る。

今後、仮に真子内親王殿下が小室氏と結婚され子供が産まれても、その子の性別に関わらず父方は一般人なので天皇にはなれない。

もし真子内親王殿下の子供が天皇になったら、お父さんは一般人でお母さんが天皇の血筋を引いている。
それが『女系天皇』となる。


ここでオヤジが気付いたのが、男はどんなに素晴らしい人であっても、父方が一般人なら絶対に天皇になれない❗という事。
また、皇族をお嫁さんに貰っても男は皇族の一員には絶対になれない❗という事。

一方で女性は一般家庭で産まれても、皇族の方と結婚したら皇族の一員として迎え入れて貰える❗という事。また産まれた子供は天皇になる(自分は天皇の母になる)事が出来る❗という事。


つまり、『男系天皇』とは男を排除する制度である❗❗という事である。

これは女性蔑視や女性差別ではなく、話が全く逆なのである。



【女性宮家】

皇室典範では男性皇族しか宮家を継ぐ事ができない」となっている。
また、「女性の皇族は婚姻とともに皇籍を離脱する」となっている。


現在の宮家は、昭和天皇の弟君(皇弟)の「三笠宮家」とそのお子様の「高円宮家」、今上天皇の弟君(皇弟)「常陸宮家」と皇太子殿下の弟君の「秋篠宮家」の4つの宮家があります。

その内で「男子の皇族」がいるのが秋篠宮家(悠仁親王殿下)のみ。


『そうなると宮家が減って、天皇の公務が大変だ!』

と、バカ騒ぎしている。


そもそも、天皇の公務は天皇にしか出来ないものであって、代役を立てたり、業務分担をするものではない❗


この基本原則を全く理解していない。
つまり、いくら宮家を増やしても天皇の公務の軽減にはならないのだよ💨

天皇の公務軽減を図るなら、これまで増やし続けた公務自体を全て見直して、本当に天皇でなければ務まならない公務以外は全て廃止するのが最優先にやるべき事なのである。

先ほど述べた『男系・女系』と合わせ考えれば、「女性宮家」を創設したところで全く意味をなさないのは明白であり、検討する必要性は皆無なのである。


宮家の本当の役割は『皇統の伴走者』として(表現は悪いが)血のスペアを繋いで行く事なのである。

かつて日本が大東亜戦争に敗れ、日本の主権が無かった時代(昭和20年10月~27年4月)にGHQが当時11あった宮家を皇族から無理やり一般人へと降下させた。

この無理やりに皇籍を奪われた宮家(いわゆる旧皇族)の方々に、何とか三顧の礼を尽くして皇族としてお戻りいだだく事を検討するのが、万世一系の皇統を繋ぐための最重要検討課題ではないのか?


オヤジが考える方法としては、礼を尽くした上で、

① 再び宮家として皇籍復帰していただく。

② 未婚の男性の方々に現宮家の養子となっていただく。

③ 物心がつく前の男児に現宮家の養子として入っていただく。

「養子」としたのは、やはり結婚は各々の自由意思によって行われるべきであり、旧宮家の方が女性の皇族の方と自然な形でご結婚されるなら問題は無いが、周囲が無理矢理に結婚させる様な事は絶対にあってはならないと考えるから。

また③は当然子供の親の理解と自由意思による同意が必要である。

もちろん「養子」を迎え入れる現宮家の理解と同意も必要なのは言うまでもない。


いずれにしても、悠仁親王殿下が天皇にご即位される迄に解決しなければならない。

仮に悠仁親王殿下がたくさんの男児を授かったとしても、将来また同じ問題が繰り返される事にもなるだろう。

また、失礼ながら悠仁親王殿下がご結婚されない可能性もゼロでは無いし、ご結婚されても男児が産まれる保証はない。


今の私達日本国民が出来る事は、これまで続いている『万世一系』という世界的にも稀有な歴史と伝統と智恵を、今の物差しで計って合わないから壊すのではなく、対応策がある限り後世にしっかりと繋いで行く努力をするべきなのではないかとオヤジは思う。


以上オヤジの戯れ言でした。

纏まり無く書きちらかしましたが、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました



ポチっと押してもろてもヨカですか~?

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

オヤジの戯れ言

いやはや、ホント寒かですなぁ

こうも寒いとアジトでじっとビバークしとるオヤジです・・・😅


以下は暇なオヤジの戯れ言になります。
興味のない方はどうぞスルーして下さいませ~


ご譲位と新元号

今上陛下のご譲位に関連してまたまた良からぬ動きが報じられてます。


「新元号は平成31年元日から 皇室会議を経て閣議決定へ 法案提出は今年5月連休明け」

天皇陛下が在位30年を節目として譲位を希望されていることを受け、政府は、平成31(2019)年1月1日(元日)に皇太子さまの天皇即位に伴う儀式を行い、同日から新元号とする方向で検討に入った。国民生活への影響を最小限とするには元日の譲位が望ましいと判断した。譲位に伴う関連法案は、有識者会議の報告と衆参両院の論議を踏まえ、5月上旬にも国会に提出する見通し。譲位は「一代限り」として皇室典範改正は最小限にとどめる方向で検討を進める。

 複数の政府関係者が明らかにした。譲位の日時に関しては「○年以内に政令で定める」として法案に明記せず、皇室会議を経て閣議決定する方針。 (1/10 産経新聞より)


元々陛下のご譲位について、皇統・皇室・天皇の何たるかをろくに知らぬ一般庶民の分際で、あれこれと言うのはおこがましいと考えてるオヤジ。

神武天皇以来125代、2677年続く「天皇」について一番ご存じで、かつ理解しているのは皇室・皇族の方々であって、専門家と称する学者や有識者、ましてや政治家や一般国民が「天皇」というご存在についてどこまで分かっているのか?

我々一般庶民がこの件についてあれこれ口を挿むのではなく、皇室・皇族の方々がお話しになられて決められるべきことだと思う。


いつ陛下は平成は30年までにご譲位されると仰いましたか?

即位の儀式を行うことや新元号に変わるのは国民生活に影響をあたえますが、それは迷惑な事ですか?


これから「新元号のスクープ合戦」がマスメディアのメシのタネとなり、自惚れた有識者会議メンバーや政府関係者どもが嬉しげにリークしてまわるんでしょうが、少なくともオヤジはそんなことを望んではいません。
静かにその時を待つばかりです。




日韓合意

2015年の末に取り交わした『日韓合意』が、オヤジの予想通りに韓国側が一切履行する事無く1年が過ぎた。

「韓国・釜山の慰安婦像設置に政府が対抗措置 駐韓国日本大使ら一時帰国へ」

菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で、年末に韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦像が設置された国際法違反行為への当面の対抗措置として、(1)長嶺安政・駐韓日本大使と森本康敬・在釜山日本総領事の一時帰国(2)日韓通貨交換(スワップ)の取り決め協議の中断(3)日韓ハイレベル経済協議の延期(4)在釜山総領事館職員による釜山市関連行事への参加見合わせ-の4項目を発表した。(1/6 産経新聞)


こうなることは十分予測できたことであり、オヤジはずっと反対していた。

マスコミでは今回の日本政府の対応は過剰であたかも日本側にも非がある様な論調が多数みられ、そろそろ大使・領事を韓国に帰してはどうかと言う話さえ出てきている。

韓国側の態度が「はっきり目に見える形」で明らかになるまで今回の措置を解くべきでは無いと考える。

そうでないと今後も日本人は子々孫々の代まで世界の至る所で舐められ、蔑まされてしまう。

ケンカをするのをひたすら避け、全て相手の言い分に添うのが友情(友好)ではなく、「間違ってるヨ」「そんなことしちゃダメ!」ときちんと言えるのが本当の友情であり友達(友好国)である。
(別に中共・韓国と仲良くする気はないですが...)


以上、ヒマにまかせたオヤジの戯れ言に最後までお付き合いいただきありがとうございました


ポチっと押してもろてもヨカですか~?

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

年末に・・・オヤジの戯れ言

流行語大賞への疑問やら米・韓の大統領やら何やらかんやら、年の瀬にイロイロとニュースが流れてますね。


以下はオヤジがヒマに任せて書く戯れ言です。
興味のない方はスルーして下さいませ~🎵


【ご譲位】

今上陛下のご退位(ご譲位)について「有識者会議」という、例によって何の権限も責任もない只の民間人が勝手に話を進めている。

ご高齢にも関わらず、十分な休みもなくお務めを果たされておられる陛下に、『もうゆっくりなさって下さい』と思うのは、ほぼ全ての日本国民が一致している。

しかしその事と、『天皇のあり方』とは話を切り分けて考えなくてはならないはずである。

そもそも天皇の一番大切なお役目は『日本国及び日本国民の安寧を祈る事』であり、その為の宮中祭祀を執り行う、言うなれば最高位の神官としてのお役目である。

一方、国会の召集、国務大臣の認証や閣議決定等へのサイン、国賓対応や外国大使からの信任状奉呈、全国森作り大会などの地方への行幸etc. と多大な国事行為や公務があり、本来問題視しなければならないのは、この様な過酷な状況を強いている事ではないのか。

ご公務のうち、本当に天皇陛下でなければ務まらないものは何か、皇族の方々で務まるものは何かなどを整理し提示た上での議論が全くなされていない。

陛下は常に「全てを受け入れる」ご姿勢である事は周知の通りであるが、これをイイ事に宮内庁を初め周りの者が、「天皇陛下のご臨席」を利権化して天下り先の獲得といった私腹を肥やしているのではないか?

講じるべき策を講じず、論ずるべき点を論じずにご退位に 賛成 or 反対 だけを決めようとアリバイ作りをしているだけである。



【真珠湾 訪問】


今年末は安倍首相がハワイの真珠湾を訪れ、オバマ大統領と真珠湾攻撃の犠牲者を慰霊する事が決まりました。

これをオバマ大統領の広島訪問に対する返礼というニュアンスで報道し、「謝罪の言葉」が有るか否かを語るメディアがありますが、全く違います❗


日本軍による真珠湾攻撃は外務省のミスはありましたが、戦闘事態は国際ルールに則った 軍 vs 軍 の戦いで、日本軍は米軍の軍事施設や兵器しか攻撃しておらず、民間人や民間施設は一切攻撃していないフェアな戦いでした。

あくまで 軍 vs 軍 の戦いであり、その結果亡くなるのは仕方がない事で、戦いが終わったら敵味方の関係なく追悼するのは日本人の大切な習慣であり、大変イイ事だと思います。

因みに、民間の犠牲者の殆どはパニックに陥った米軍による誤射によるものだそうです。

一方の米軍が日本各地に行った空襲、広島・長崎への原爆使用は民間人を狙った『大量虐殺』です。

これを真珠湾攻撃と同列にする事は絶対にあってはなりません❗

戦争に勝ったからといって負けた国に対して勝手に裁判をしたり、憲法を変えたり、何をやってもイイと許されてるわけでもありません。

日本も70年前にたった一回負けただけで、いつまでも下を向いて卑屈にないで、いい加減で確りと自立すべきではないか。

【参考資料】

青山繁晴の「逆転」ガイド - その1 ハワイ真珠湾の巻 - (ワニプラス)




内容紹介

真珠湾に何と米政府が展示している日本海軍の空母「赤城」のスケールモデル、 
それを見るだけでもハワイに行く値打ちがあります。 

お金も手間も凄い。原設計図を基に、徹底的にリアルに再現し、艦と飛行機だけではなくパイロット、整備士、 
その他の作業の一兵卒までフィギュアを凜々しく、膨大な数で艦上に展開しています。 

本物のリスペクトがないと作れない。これは何を物語るか。 
「真珠湾攻撃は卑怯だとアメリカ人は今も怒っている」と刷り込まれてきたのが嘘だと、誰でも自分の眼で確かめられるということです。 
長年の思い込みをスカッと逆転できる現場が、ただの観光地に見えたところにあります。 
(著者による帯の文章より) 

現場を大切にする行動の作家にして、日本初の独立系シンクタンク・独立総合研究所社長でもある筆者が、 
戦後70年、これまで私たち日本人が、刷り込まれてきた歴史認識を、右でも左でもなくド真ん中から見つめ直す。 



長々とオヤジの戯れ言にお付き合いいただき、ありがとうございました


良き年末となりますように❤


ポチっと押してもろてもヨカですか~?

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村


オヤジの戯れ言

雨の週末はつまらんですな☔

以下はオヤジの戯れ言です。
興味の無い方はスルーして下さいませ~🎵

【米国大統領選挙】

米国の次期大統領がトランプ氏に決まり(確定は12月?)マスコミは大騒ぎ。

トランプ氏の印象操作をし、クリントン氏をゴリ押ししてた米国マスコミとただそれをタレ流してた日本マスコミは、自分たちの予測(主張)が失敗した事にショックを隠しきれないようです。

そういえば英国のEU離脱もマスコミは予測を誤りましたね。

その要因の一つにマスコミの取材は都市部にしか目が向いてなくて、多数を占める都市部以外の人々に目を向けていない事があるんだと思います。

そしてマスコミの情報に頼らなくてもインターネットで情報収集できる様になり、バイアスがかかったマスコミ情報の嘘がバレてしまったにも関わらず、未だに旧来と同じ事をやってるからじゃないかと思います。

マスコミ情報に踊らされない、自分たちで情報を得て判断する人々が増えてきてる証拠です。


【言葉】

近頃は日本語に訳されないままに使われる外来語(カタカナ語)が多すぎる。

会社のお偉いさんは「アライアンス」やら「ソリューション」なんて使うけど、実は言ってる本人も本当に意味を理解して使ってるのか疑わしい・・・(笑)

日本の先人は「economy : 経済」「people : 人民」「republic : 共和国」などと外来語をきちんと日本語に訳してきました。

そのお陰で世界でも最高レベルの教育を『日本語で』受ける事ができています。

母国語で教育しようにも、対応する言葉(語彙)が無いから外国語でやるしかない国が多数あります。

かつて日本が朝鮮を併合した際にたくさんの学校(小学校~大学)を建てましたが、いざ朝鮮語で授業をしようとしたら「語彙」が全く足りなくて、仕方なく日本語で授業をしたんだそうですなぁ。

日本は日本語で大学教育まで受ける事が出来るありがたさが分かってるんだろうか?

小学生から無理に英語教育をしなくても、先ずは日本語をしっかり教育する事が大事であって、既存の中学からの英語教育のやり方を変えるのが正しい方法ではないだろうか。


以上、オヤジの戯れ言でした。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました


ポチっと押してもろてもヨカですか~?

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

五輪開幕ほか オヤジの戯れ言

暑い❗を連発してたら、団長に教育的指導を受けたオヤジです😅

暑い❗と言わない代わりに、オヤジの戯れ言をいくつか・・・


例によって、興味のない方はスルーして下さいませ~🎵





戯れ言1

何やかんやでリオ五輪が始まった。

自己ベストが出せる事を願ってます。

マスゴミにリクエストされても、メダルを噛むアホなパフォーマンスをしないで下さいね。

がんばれ、日本人選手❗


戯れ言2

オリンピックの影に隠れた感じではあるが、大東亜戦争に関連した行事が色々と執り行われる時期に。

新防衛大臣にさっそく「靖国参拝しますか?」と聞く朝日新聞。人民日報の日本支局はある意味で平常運転。

そして防衛大臣が変わった途端に北朝鮮はミサイルを打ち込み、中国は尖閣諸島に大量に押し寄せ、どう反応するかを試している。

憲法9条を、平和憲法を守れ❗と叫ぶ人達よ、今こそ日本国憲法を持って尖閣諸島に住み、その威力でヤツらをひれ伏させ退散させてみてくれ。


戯れ言3

今上陛下が「生前退位」についてのお言葉を述べられるとの報道がNHKを中心に流されているが、「生前退位」というフレーズにはどうも違和感がある。

生きているうちに資産を贈る「生前贈与」をイメージして、勝手に作り出した言葉だろうと思う。

天皇陛下がご存命のうちに退位するという意味で「生前退位」としたんだろうが、死ぬことを前提にした「生前」なんて言葉を使うのは不適切かつ甚だ礼を欠く表現である。

そもそも皇位を次の代に譲り渡すという意味ならば、単に「ご譲位」とするのが正しい。

昭和天皇もそうだったが、今上陛下も日本国の象徴として最も現日本国憲法を厳格にお守りになられている。

なので本当のお気持ち「こうしたい、して欲しい」とは絶対に仰られないだろう。

政治家も「天皇の政治利用」になるので公式には聞いてはいけないし、陛下も「天皇の政治介入」となるのでお答えになられない。

難しいことだが、必ず良き答えが出ることを信じてる。



だらだらと書いたのに、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

猛暑が続きますが、皆様ご自愛下さいせ。



ポチっと押してもろてもヨカですか~?


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

参議院議員選挙

梅雨が本格化してきて、あちこちで被害も出て来てますね。

被害にあわれました方々へ心のよりお見舞い申し上げます。


さて、いよいよ参議院議員選挙がスタートしました。

18歳以上が参加する初の選挙です。

たかが自分の1票で…と思ってしまいますが、それが必ず自分の、そして日本の将来に繋がる1票になります。
ぜひ友達と誘いあって投票して下さいね😉



ここからはオヤジの戯言になります。
例によって興味の無い方はスルーして下さいませ~🎵



オヤジは特定の宗教団体を支持母体とする政党と共産党、そしてどこの国の味方かわからない候補者は絶対に選ばない❗とずっと言ってます。


じゃあ自民党かというと、自民党の議員の実体も中共や朝鮮半島とズブズブな議員ばかり・・・(-_-)
なので、自民党という政党は支持していない。


サラリーマンとしては、労働者の立場に寄り添ったところがイイなぁと思うんですが、労働組合は完全に真っ赤だし、公務員の労組を中心に指示母体にしてる民進党などは元革命運動の活動家や構成員(テロリスト)ばかり。

しかも今回は「打倒 安倍政権」の為の協力という、倒した後のビジョンを示さず、さらに共産党と手を組んで、全くのポリシーの無さを露呈している(´д`|||)



今回オヤジが重要視してる選挙のテーマは2つ


1つ目は内政
『経済政策』つまり脱デフレ。

いわゆる「国の借金」というウソ、プライマリーバランスの黒字化という全く意味のない呪縛etc.


今回安倍首相は「プライマリーバランスを10兆円改善しました!」と胸を張って言ってますが、それは緊縮財政を政府がやって、本来国民に還元されるはずの10兆円を返さずに、ただ国民を貧乏にしたからでしょ💨

そこが一つの攻撃ポイントなのに、それを指摘して「わが党はこうします!」という政党や候補者の主張は未だ聞いてない。

以前から「オヤジの戯言」で書いてる様に、デフレを脱出するまでは金融緩和と同時に(ワンセットで)積極的に財政出動すべきであり、それが出来ない政権ならば、やれる!という政党・候補者を選ぶ。



2つ目は外交
特に狭い意味での安全保障


オバマ大統領によって「米国が世界の警察」の終わりが始まり、次の米国大統領が誰になるにせよ、第二次世界大戦以前の様に「米国だけ良ければ全てヨシ」の孤立主義に戻っていく。

そして米国が引いた隙間を埋める様に中共が勢力を伸ばそうとしている。

EUもドイツが変わらない限り、今回のイギリスの離脱決定をきっかけに崩壊していく。

世界のグローバル化は終わりに向かい、ナショナリズムが進みだす・・・


そうなると日本はますます否が応でも自力で対応していかなければならない。


『自分達の領土・国民は自分達で守る』


そんな ″日本以外の全ての国々″ が当たり前にやっている事を普通にやれる様にならなければならない。


憲法 第九条 第二項の最後に書いてある

『国の交戦権はこれを認めない』

オヤジは憲法を普通の国並みに作り替えるのを望んで止まないんですが、せめてこの一文だけでも削除して、日本国の領空・領海を侵す者(中共・露・朝・韓など)を撃墜・撃沈できる様にしなければいけないと思ってます。

日本より小国の(失礼!) ベトナムやパラオでも中共を相手に毅然と対処(撃沈)したが、それを口実に戦争になるどころか、自分が悪いのがわかってるので、それ以上の紛争にもなっていない。

この「国の交戦権はこれを認めない」があるために、どんなに優れた戦闘機や護衛艦を持っていても、相手に向けて一発の弾も撃つことができないのが実体。

ヤツらも撃たれる事が無いと知ってるのでやりたい放題に出来ると勘違いさせてしまうのである。


幸いにして今回の選挙でオヤジの思いに合致する候補者はいます。



最後に、今回の選挙で高知と徳島は一つの選挙区になりましたが、この組み合わせに大変な違和感を覚えてます。

特に参議院議員は、1票の格差は問わず各都道府県から一人にすれば十分だと思います。


長く書きすぎました💦

最後までお付き合い下さりありがとうございます❗

以上、オヤジの戯言でした。



ポチっと押してもろてもヨカですか~?


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

大事なのはやっぱり・・・

熊本・大分地震の発生から10日余りが過ぎました。


皆さん、ガンバっとらっしゃぁですね❗
微力ながらオヤジも応援しとりますけん、負けたらいかんですバイ。



地盤が歪んで来てるせいなんでしょうか、高知でも室戸を震源に地震がありました。






被害の規模に大小はあるにせよ、日本はどこに住んでいても、地震や台風、大雨などの自然災害からは絶対に逃れることは出来ないんだなと改めて痛感します。



以下はオヤジの戯れ言です。

興味の無いかたはスルーして下さいませ~🎵




(世界の地震分布)


上の図を見ても、いかに日本が地震大国なのかが分かります。


そうであれば、「必ず地震は起こる」事を前提にして万一の事態に備えておくのは当然ですよね。


これまでの震災の時もそうでしたが、電気・ガス・水道といったライフラインは寸断されてしまいます。


物流も道路がダメージを受けて機能しなくなります。


そうなった時にどうするのか、先ずは市町村が現場対応をコントロールしなくてはならないはずなのに、市役所が壊れてしまっては目も当てられません。


高速道路が崩れたら、それをバイパスして物流を維持する必要があるのに、そのルートもありません。


ほかにも数えあげれば切りがありませんが、とどのつまりは「国の借金問題」や「人口減少でインフラ整備はムダ」という様な嘘っぱちのお金(財政)の話に問題があるのではないでしょうか?


これまでにも書いてますが、国債とは私達が銀行に預けたお金を政府が借りているという借用書であって、私達は政府にお金を貸してる立場なんです。


なので「国民1人あたり⚪⚪万円の借金」なんてのは大嘘です。


しかも最近は日銀が国債を買い取ってるので「国民1人あたりの借金」も減ってますし、「ハイパーインフレ」なるものも、起こるどころかデフレ状態が悪化しています。


「人口減少するのに、地方のインフラ整備はムダ」


北海道から沖縄まで、日本はどこに住んで居ても必ず自然災害が起こります。


ある所で災害が起こった時にそれを助けてくれるのは誰でしょうか?


被災していない所にいる日本人しかいません。


その地方が、有りもしないお金(財政)問題や人口減少を理由にインフラ整備がされておらず廃れて果てたとなると、首都直下型地震の際に、助けるはずの各地方にはその力が全く無い状態になってしまってます。


お金も大事でしょうが、それ以上に大事なのはやっぱり『命』です。


しっかりとインフラを整備する事で日本各地に活気があふれ、わざわざ東京に住まなくても地元で生活が出来る様になる。

これにより東京一極集中の問題やそれによって発生している待機児童などの諸問題も改善・解決できます。


インフラ整備にかかった費用も、完成したインフラは財産として残るので、決してムダなお金にはなり得ません。


特に今の国債金利は「ゼロ」どころか「マイナス」です。


本来は東日本大震災の復興事業も含めて建設国債で造るべきなんですが、今なら一般の国債でも何兆円借りても金利は無いので、これを使っても良いと思います。


日本人の生命・財産を自然災害から守る投資は今すぐに絶対にやるべきです。


子供や孫に安心して住める国を❗



駄文にお付きあいありがとうございました



ポチっと押してもろてもヨカですか~?


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

電力自由化って

いやはやアジト地方は39年ぶりの大寒波にみまわれ、冷蔵庫いや冷凍庫状態でございます❄⛄





年に一度雪を見るかどうか、雪が積もるのは数年に一度というところに住んでると、滅多にない体験への嬉しさが先にきてしまいます f(^_^;


でも100メートル先のコンビニに行くにも躊躇し四苦八苦してます (>_<)


そうなると、アジトにこもってTVばかり眺めて過ごすようになるんですが、「電力自由化」の話題が取り上げられてたんで、オヤジの思うところを書いてみます。


以下は例によってオヤジの戯れ言です。
興味のない方はスルーして下さいませ~



「電力自由化」


正確には電力の『小売り』自由化と言う事で、これまでも企業(工場など)向けの一部には解禁されてました。





が、2016年4月からは一般向けにも解禁される様になります。





この電力市場規模が約8兆円あるそうで、これを狙って外資系も含めた様々な企業が一儲けをたくらんでますね。


よく耳にするのは『電気代が安くなる』って話しですが、本当にそうなの?



電気代は高い?


電気は水や食料と同様に、生きていくために絶対に必要不可欠なものです。


アジトはオール電化で、従量電灯Bと深夜電力Bの契約をしています。


1月の請求額を見てみると、従量分が3513円、深夜分が3691円で合計7204円(税込)です。


ここからは合算で書きますが、内訳をみると、基本料金が2300.4円、電力量料金が4660.14円、燃料費調整額が ―410.85円
再生エネ賦課金が655円と書いてあります(課税前)。


『電力量料金』は使った電気に掛かる料金ですね。


『燃料費調整額』は、火力燃料費(原油・液化天然ガス・石炭)の変動をできるかぎり迅速に電気料金に反映させるため、3か月間の平均燃料価格が33,500円/キロリットル(平成25年5月電気料金見直しの前提となっている原油換算燃料価格です。)から変動した場合、その変動分に応じて電気料金を調整する制度です。(九州電力HPより)


という事で、燃料代が安くなったので値引されてます。


『再生エネ賦課金』は、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」によって無理やり支払わされている料金です。


電力が自由化されたら年間で約5000円程度安くなる❗という『安さ』を強調し、電力自由化を歓迎するスタンスの報道が目立つ様です。


『電気代が安くなる❗』と言ってますが、大半は、基本的に電気料金は変わらず、セットされるサービスの部分を安くして、トータルしたら安くなる。とか、2年縛りで安くなる、といった携帯電話の料金プランの様な感じになるんでしょう。


もちろん高いよりは安い方が嬉しいんですが、一度冷静に考えてみると・・・


安くなるのが年間5000円程と言われてますが、月額なら約420円で1日当たりなら15円弱になります。


この程度なら、しっかり節電すれば十分減らせるし、ラーメンの替玉やライス大盛の回数を減らせば、家計にもメタボに優しいいのでは(笑)


そう考えると個人的なメリットは全くありません。


そもそも電気料金の値下げを期待した制度なら、消費者に何のメリットも無いのに無理やり取られてる『再生エネ賦課金』がゼロになった方がよっぽどメリットがあります。


そして2020年には送電も自由化される予定です(しかも外資系もOK)


「構造改革」「規制緩和」の美名のもとに、日本の一番大事な部分が金儲けしか考えてない外資に奪われ、崩壊しない事を切に願うオヤジなのでした。



最後まで駄文・長文におつきあい頂き、ありがとうございました❗



ポチっと押してもろてもヨカですか~?

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 久留米情報へ
にほんブログ村

MRJ初飛行と将来へのプレゼント

ついに国産のジェット旅客機 MRJ が初飛行しました

このまま順調にテストをこなして、世界的な人気旅客機に育って欲しいですね✈







日本は、大東亜戦争までは世界最先端の航空技術国だったのですが、敗戦による連合国の占領政策によって7年間航空機製造・開発を禁止されました。


そのたった7年の空白が今日まで影響しするとは、何とも恐ろしくて、技術や知識の継承と蓄積がいかに大切かがわかりました。



以下はオヤジの戯れ言になります。

例によって興味のない方はスルーして下さいませ~(^^)




さて先日、政府の行政改革推進本部が各府省の事業の無駄を点検する「行政事業レビュー」が行われました。


行政による税金のムダ使いをチェックする事自体は否定しませんし、大切な事だと思いますが、その『ムダ』の判断基準がかなり偏った視点から行われた事にオヤジは将来への危うさを覚えてます。



スーパーコンピューター「京」


3年前に神戸市で本格稼働したスーパーコンピューター「京」は、国家プロジェクトとして理化学研究所などが開発したもので、総開発費は1100億円余りに上ります。

この「京」は864台のコンピューターをつなげて、その名のとおり、1秒間に1兆の1万倍に当たる「1京回」の計算能力があり、運用には年間110億円かかっています。


この現在世界4位のスーパーコンピューター「京」が取り上げられ、有識者から「費用にみあった成果が現れているのかどうか国民に十分説明されていない」という指摘が相次ぎました。


かつて民主党政権でやられた「事業仕分け」の様な強制力のあるものではないようですが、判断基準が全てのものに短期間な視点(期間)で「成果」を求めているところに危うさを覚えます。


また回答した方も、しっかり説明しろと言いたい。



技術開発投資はリスクが最も高くて「成果」が出るまでに最も時間がかかる投資です。


新しい技術を開発するため、特に科学技術の分野では、沢山のトライ&エラーを繰返し、失敗から学んでまたチャレンジ・・・ となります。


例えば超伝導の技術は、実用に耐える超伝導体が発見されてから50年以上かかって、やっとリニア新幹線として『成果』が出ようとしてます。


それを、スーパーコンピューター「京」に代表される「将来のための技術開発投資」にまで、民間企業で流行っている『短期的な成果』を求め、予算を削減するのでは、この国に未来はありません。



今の私たちの繁栄は、先輩方が下さった『将来へのプレゼント』のおかげです。

それを食い潰し、今の自分たちだけが繁栄を享受出来ればいいんでしょうか?


私は子や孫の代まで豊かな暮らしをして貰いたいし、そのための『将来へのプレゼント』を惜しみたくはありません❗❗





以上、オヤジの戯れ言でした。
おつきあい、ありがとうございました




ボチっと押してもろてもヨカですか~?

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 久留米情報へ
にほんブログ村

消費税10%と軽減税率

時々この国の有り様についてオヤジの思う事を戯れ言として書いてます。


きっかけは、来年の夏頃に予定されてる参議院選挙で隊長が選挙デビューするからで、そこからオヤジも今一度勉強しようかと思ったからです。


と言う事で、以下はオヤジの戯れ言です。
例によって興味のない方はスルーして下さいませ~(^^)




【消費税と軽減税率】



野党は「安全保障関連法」を争点にしたいかもしれませんが、恐らくこれが参議院選挙の最大のテーマになるでしょう。


現在、2017年4月に消費税を10%にすると法律で決まっています。


★消費税10%


そもそも、『いまこの経済状況(デフレ)で増税するのが正しい政策なのか?』を考える必要があるんじゃないとでしょうか?


税収額はGDPに比例(相関)してて、GDPが増えれば同じ税率でも税収額が増える事になります。


税収額が足りないからと消費税を5%から8%に上げた結果、今の皆さんの暮らしはどうなってますか?


そして、また消費税を8%から10%に上げたらどうなりますか?


根本的な問題は、政府が正しいデフレ政策をしていない結果、全くデフレから脱却出来ていなくて、課税する元になるGDPが縮小したままな事なんですがねぇ。


GDP600兆円という目標 「的」 は掲げましたが、具体的な手段 「矢」 は示されていません。


『日銀の金融緩和策』と同時に『政府の財政出動政策』が正しい政策のはずですが、財務省をコントロール出来てないのが現状です。



★軽減税率


「消費税を10%にする際に食料品などに軽減税率を適応する」


今の選挙制度で自民党は公明党との選挙協力が絶対に必要なので、こんな浮世離れしたアホ政策も飲まざるを得ません。


新聞社は「新聞は軽減税率対象」との条件(密約)もあり、軽減税率に賛成する論調で、新聞社系のTVも同様の傾向にあります。


と言う訳で、「これは対象品でこれは非対象品」とか「マイナンバーを使って還付する」などが盛んに報道・議論がされ、消費税10%が既成事実化されつつあります。


一例ですが、生鮮品で軽減税率対象になるだろう「トマト」ですが、トマト自体は軽減対象になりますが、輸送費やパック容器などは「対象外」なので、軽減分は相殺されて結局そんなに安くはなりません。

また、「ペットボトルの水」が軽減対象となった場合、元々中身の水よりもペットボトル容器の方がはるかに高いので「今より高くなる」なんて事も起こり得ます。


そもそも国民の大多数が納得する対象品と非対象品の線引きなんて100年経っても無理で机上の空論です。



この「消費税10%と軽減税率」の話しは、来年の参議院選挙までは財務省に「言う事を聞いてますよ」と政権がポーズを取って、選挙の邪魔をされない様にする作戦であると信じたい。


そして、「消費税を10%にしない」との公約を選挙で掲げて勝ったので、消費税を10%にする法律を廃止しますとのシナリオであって欲しい。



どうしても消費税を10%に上げ、軽減税率をやるなら『軽減税率を全てのものに一律5%(又は10%)』にすれば、


財務省には「10%に上げました!」

公明党には「軽減税率を導入しました!」

国民には「減税しました!」


と言えるし、徴税と還付のテクニカルな問題も一切必要なくなって、経済も良くなり・・・と良い事づくしだと思うんですが(笑)





ボチっと押してもろてもヨカですか~?

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 久留米情報へ
にほんブログ村

選挙に行く事

三連休の2日目、近所のキンモクセイの香りに癒されながら、アジトを秋・冬仕様にチェンジ中のオヤジです。


昨夜は『池上彰のニュースそうだったのか!!』を見て、今まで少しこんがらがってた「民主主義」「資本主義」「社会主義」「共産主義」の違いを整理する事が出来たできたオヤジです。
(中学で勉強したはずですが・・・ )






正直オヤジは、「民主主義」の反対は「社会主義」and/or「共産主義」だと思ってましたが、正解は「独裁」で、「資本主義」の反対が「社会主義」だったんですね



以下は「オヤジの戯れ言」です。

例によって興味のない方はスルーして下さいませ~




民主主義の基本は、国民が決定権を持っているという『主権在民』ですね。

日本の場合で言うと、国の事を天皇陛下が決めるのではなく、日本国籍を持った日本国民が決めるという事になります。


それは日本国憲法の前文の最初に


『日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。』


と書いてあります。


なので国民は選挙で代表者の「国会議員」を選び、国会議員が国会で話し合いって、決める時には多数決にしましょうというのが日本の政治スタイルですね。


ここからはちょっと枝葉的な話しになります。


国民の代表である国会議員になるためには、選挙で多くの票を獲得しなければなりません。

そうなると、「投票しに行ってくれる人々」をターゲットにして自分に1票でも多く入れてくれそうな政策(選挙公約)を掲げる様になります。


例えば、農家が多い地域なら「農家の所得を保障します」とか、高速道路がない地域なら「高速道路を通します」という事ですね。


では現在の日本で誰が投票をしに行ってているのはというと、しっかりデータが公表されていて





高年齢層の投票率が高いので、当選するにはここをターゲットにすれば良い事がわかります。


そうなると、「高齢者の病院代を安くします」「年金をたくさんあげます」などの高齢者が喜びそうな政策(選挙公約)を掲げる事で多くの票を集めよいとします。

そして当選したら、公約ですから国の政策に反映されるようになります。


若年層が「少子化対策」や「子育て支援」「戦争法案」etc. が問題だ❗ といくら騒いでも、結局投票しに行かないので候補者の票には繋がりません。

なので候補者は自分に投票してくれる人々(高齢者層)への魅力的な政策(選挙公約)を最優先に掲げます。


つまり、世の中を変えて欲しいと思ったら『選挙に行って投票する』事が大事だという事です。


投票は大体日曜日にあるので、イベントがあるから行く時間がない❗ という意見がありますが、「期日前投票」や「不在者投票」という制度があります。

しかし、その制度を利用する場合の具体的な方法がわかり易く周知されてないのは問題ですが・・・



オヤジも含め、たった1票では変わらないだろうと思ってしまいますが、その気持ち(行動)が集まった結果が今の日本の現状です。


投票しに行く事は「絶対に誰かを選ばなくてはいけない」という事ではありません。
選びたい(1票入れたい)候補者がいないなら『白紙』で投票してもいいんです。
(オヤジもやりました)


「白紙なら行かなくてイイんじゃね?」と思ってしまいますが、投票をしに行く事で「若年層が来たぞ」というデータが残ります。

そうなると、若年層が当選するためのターゲットになる事が候補者に知られます。

この『候補者が当選するためのターゲットになる』事が重要なんです。


特に来年夏に必ずある参議院選挙は初の18歳の参加となるので、その投票行動も凄く注目されるでしょう。


繰り返しますが、選挙には白紙のままでもいいから投票しにいきましょうね



因みにオヤジの産まれて初めての1票は、「スポーツ平和党 アントニオ猪木」でした(笑)



今回も『オヤジの戯れ言』にお付き合いいただきありがとうございました



ポチっと押してもろてもヨカですか~?

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 久留米情報へ
にほんブログ村

やっぱおかしかですバイ

安全保障関連法案により「武力による侵略」の抑止と安全保障がほんの少しだけ整備されました。


が、この法案の成立で全ての国々が当たり前にやっている、北朝鮮により拉致された方々を武力を背景にして交渉し、最終的に自衛隊による救出作戦ができる様になったわけでなく、また石垣市の尖閣諸島の領海侵犯や小笠原諸島の珊瑚泥棒を撃沈できる様になったわけでもありません。


つまり今まで通りな~んも変わってないんですね。




以下はオヤジの戯れ言です。
例によって興味がない方はスルーして下さいませ~



法案の審議を通して様々な事が見えてきました。


与野党を問わず国会議員・国民・マスコミなどが普段「どうやって自分たちが住む日本国の領土・領海・生命・財産を守るのか」を全く考えてなく、覚悟もない事。


政府の説明は、中国に異常に気を使い変な説明しかせんし、野党は揚げ足とりに終始してる。


衆議院の委員会採決では「賛成の方はご起立下さい」の言葉に『はんた~い』と叫んで起立し、吉本新喜劇みたいやなと苦笑





TVを意識した見苦しいビラ(?)やパフォーマンスに終始しとる。



参議院の委員会採決では





『紛争は話し合いで解決すべき』と主張してた奴らも最後は『武力行使』しとるし(笑)



国会議事堂前や日本各地で法案反対デモがあり、マスコミはこぞって報道ました






その一方で賛成派の意見表明やデモは全く取り上げられず、改めて『報道しない自由』を確認したのでした。




マスコミはSEALsなど大学生(若者)も声を上げてると報道してました。


誰がデモや集会をしてもイイんですが、一時のノリで参加したせいで顔バレした彼・彼女たちがまともに就職できるのか不安です。
企業は反社会勢力などとの繋がりを嫌いますし、現代はネットで人物検索や画像検索が容易に出来るのですから。


政治的中立を謳っている大手新聞や通信社・TVは賛成・反対の両論や読者が判断する為の客観的事実を書く事なく、終始偏った報道に徹し自らの存在を否定してしまいました。




ところで、安保関連法案に注目が集まるあまり、全く報道されなかったもう一つの『国の安全保障』に関係する重要法案、「農協改革法案」「発送電分離法案」がひっそりと可決されていました。


これは次の機会に・・・


お付き合いいただき、ありがとうございました





ボチっと押してもろてもヨカですか~?

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 久留米情報へ
にほんブログ村

Pagination

Utility

アクセス

プロフィール

☆ラインバッカー☆

Author:☆ラインバッカー☆
スポーツから遠ざかること約20年…
今じゃ階段で2階まで昇るだけで息切れする始末。

単身赴任オヤジが思いつくままに作ったテキトー料理、読書や食べ歩きなどをヒマな時にヒマにまかせてUPしてます。

リンクはご自由にどうぞ!

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム