健栄丸に乗って一つテンヤで真鯛釣り @ 宗像市

  • 2015/08/30 14:20
  • Category: 釣り
8月最後の週末、仕事がらみではありますが、久しぶりに船に乗って釣りに行ってきました


朝4:30に宗像市の神湊漁港に集合だったんですが、仕事が終わって身支度を整えたら直ぐに移動し、途中でミッションを一つクリアしてから集合場所で仮眠して待つ作戦にしました 



*国防機密のため、実際のルートとは若干違います(笑)


太宰府市で極秘ミッションをこなし(近日公開!) 、(たぶん)人気ブロガーMASA-Kさんの現場をスムーズかつ安全に通過して、11時半頃に神湊に到着して仮眠を取りました




今回お世話になった健栄丸さんは「一つテンヤ」という釣り方をメインにして真鯛を釣らせてくれます。




日の出と共に出港。
雲り空で青い海とはいきませんが、夏場の釣りはこれ位の方が楽ですネ。
雨は降りませんように!




いまの時期の真鯛ポイントは港から30分程の大島と地島周辺になるそうです。





水没や餌&魚でスマホが臭くなるので、釣ってる最中の写真はありませんが・・・


オヤジの右隣約2mの人が大爆釣
今日一番の大物83cmのモンスター真鯛を釣り上げました




そして左隣約2mの会社の同僚は、約70cmのヒラメ




そしてオヤジは、それを玉網で掬い上げる係

これも日頃の行いのせい!?


オヤジも40cm程の真鯛を2匹とアコウを1匹、手のひらサイズの子真鯛多数(全てリリース)を釣り、普通だったら大満足の釣果ったんですが、これらを見たせいで羨ましいやら悔しいら・・・
写真を撮る気になりませんでした。



*83cm真鯛と仲間たち



今回誘ってくれたUさん、そして船長&スタッフさん、おもいっきりリフレッシュできました


ありがとうございました




にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 久留米情報へ
にほんブログ村

久留米ラーメン 来々軒 @ 大牟田市

仕事がたて込んでる中で何とか昼メシを食べようとした時、一度失敗したにもかかわらず、背に腹は代えられずに入ってしまい、また地雷を踏んでしまうもので・・・


来々軒




入店したのが2時過ぎだったせいか、お客さんは地元系の方が一人だけでした。


時間があまり無かったので特に考える事なく「ラーメン」と「焼き飯」を注文しました。



待ってる間のテーブル調味料チェック




ゴマ・コショウ・紅しょうが etc. と標準的なラインナップです。


先に焼き飯が登場



しっとり系の仕上がりで、一般的なラーメン屋さんの焼き飯とは違って家庭的な雰囲気で、甘めの味付けです。

甘めの味が好きなオヤジにとって、これはこれで『あり』かな



ラーメン登場



久留米のラーメンはスライスゆで玉子がトッピングされてるとこが多いんですが、こちらはシンプルな仕上がりです。


麺リフト~



麺の太さも標準的なサイズのストレート麺です。


ツルツルっと一口食べたら・・・!Σ( ̄□ ̄;)

茹でたお湯の味しかしない


まさかと思い、麺を底からよ~くかき混ぜてもう一口

・・・( ̄▽ ̄;)

スープが全く絡んでなくてお湯の味しかせんやん


スープだけを飲んでみると、『うすっ

というか、味がしないんですけど (〃´o`)=3


そしてオヤジは焼き飯だけを食べて、次の仕事に向かったのでした。





にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 久留米情報へ
にほんブログ村

割烹よし田でOB会 @ 福岡市天神

今宵は恩師ご夫妻を囲んでの大宴会が「割烹よし田」18:30Kick Off でありました





昭和から平成にかけてのあの頃、血気盛んで正に鬼の様だった監督も67歳。

往年のオーラはすっかり静まってますが、相変わらずの話しぶりは健在です。






久しぶりに正座で背筋をピン と伸ばしてお酌をすると、ずっと忘れてた「初心」を思い起こす事が出来ました(笑)






イカ刺・刺身盛り・天ぷら etc.
割烹よし田の料理は言うまでもなく、どれもバリうまです


宴もたけなわとなり、割烹よし田の代名詞『鯛茶』が登場したのですが、今回はこっそりと3杯お代わりをして、大満喫したのでした


美味しい料理をいつもありがとうございます

ごちそうさまでした




そして、来週8月28日から第39回/2015年度 秋季リーグ戦 が始まります


昨年は西南学院大に敗れ、4勝1敗で2位。


今年こそ、長年取り逃してるリーグ優勝を勝ち取って欲しいですネ




ポチっと押してもろうてヨカですか

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 久留米情報へ
にほんブログ村

内原野陶芸館・ガラス工房 @ 安芸市

  • 2015/08/17 20:42
  • Category: 日記
秘密結社 ラインバッカー団は街中のパトロールだけでなく、芸術的な活動もやってます


今回は団長の提案でTVでやってたというサンドブラスト体験をしに、安芸市まで出かけてきました



内原野陶芸館・ガラス工房





サンドブラストはガラスの表面に砂などの研磨材を吹き付けて装飾加工するアートです。


まずはベースとなる皿やコップを選びます(体験料込み 1050円~)


ビールが大好きな団長はやっぱりピルスナー(笑)




隊長はキャンドルホルダー




そしてオヤジはロンググラスをチョイス





それぞれ選んだグラスをテープでマスキングしてもらいます。




マスキングをしてもらってる間に参考画をパラパラと見ながらどんな柄にするかを決めて、マジックで下絵を書いていきます。








団長はカントリー系の麦の穂




オヤジ画伯はヨット(笑)




そして、マスキングテープをカットしていきます。





ついつい凝った図柄にしたくなりますが、カットをする際に「細かい図柄は難しいですヨ」とのアドバイスに素直に従って良かったと思いました


ここまで仕上げたら工房の方が加工作業をしてくれます。







本当はこの工程もやってみたかったんですが・・・



出来上がり♪

団長作




隊長作




オヤジ作




陶芸の体験もあるので次回はこちらにもチャレンジしてみたいですネ


帰りに太平洋をみながら高知名物アイスクリンを食べて




楽しい夏休みでした




ポチっと押してもろてもヨカですか?

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 久留米情報へ
にほんブログ村

よさこい祭り de ひろめ市場 @ 高知市

お盆休みでラインバッカー団 高知本部に戻ってきてるオヤジです。


12日は「第62回よさこい祭り」の全国大会&後夜祭だったので、団長と帯屋町アーケードを中心にお街をうろうろとパトロールしました。






団長と中央公園~帯屋町アーケードを回ってたんですが、小雨&蒸し暑さと歩き疲れたので、ひろめ市場で休憩することにしました。





予想通りの満席状態でした




が、日頃の行いがイイラインバッカー団なのですぐに二人分の席が空き、相席させてもらいました



団長はビール、ハンドルキーパーのオヤジはウーロン茶で、『安兵衛』のぎょうざをオーダー




「待っちゅう」間にみつやで




団長の大好物『ウツボの唐揚げ』



香ばしく揚がったウツボは」身と皮の間のコラーゲンがムッチリとしててうま~


『川えびの唐揚げ』



カリッとサクサクで塩味もナイスな感じです。


もう一軒、ひろめ唐揚げ からは




『名物手羽先唐揚げ』




名古屋風の手羽先です。スパイシーでウーロン茶がすすみます(笑)


そして安兵衛の『ぎょうざ』登場



半揚げ状態で焼かれたぎょうざはうまさ間違いなし
あと3~4人前はイケそうです。


さて、ガソリンも満タンになったし、隊長のご学友が出てる帯屋町筋を見ようと店の外へ出ると、ちょうどスタート直前のタイミングでした。








福岡のどんたくは規模は大きいけど、ああやってるのね的な周りにいても特に何の感動もないんですが、
よさこい祭りは、端で見ていても踊り子達の熱気が凄くて、惹き付けられるように見入ってしまいますね。




にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 久留米情報へ
にほんブログ村

口福三昧 ふく田 @ 福岡市天神

大学時代にオヤジとセンター・右ガードで組んでたH君が久しぶりに栃木県から家族で帰省して来ました。


ならば福岡のうまかモンでおもてなしをしよう と「ふく田」で歓迎の宴をやりました。




「ふく田」は鯛茶で有名な「よし田」の隣にあります。

というか、長男さんが「よし田」を継いで、三男さんが「ふく田」をやってる姉妹店(兄弟店)で、基本的な味とコンセプトは全く同じお店です。


次男がオヤジ&H君の一年後輩でラインをやってたので、行くと店長さんから何かとお気遣いをして貰ってます
(いつもありがとうございます )



海なし県の栃木からという事で、歓迎の印にはやっぱり


イカの姿造り




関あじの活き造り




活き造りを生まれて初めて見たH家の三姉妹は、まだ動いてるイカ&あじに大騒ぎ

つついてみたり、写真や動画を撮って友達に送ってます





ゲソとあじの中骨は天ぷらにして貰いました




他に「ごまさば」、旬からは外れてますがH君の熱烈リクエスト「ノドグロの煮付け」「ぶりのアラ煮」と魚づくしです


娘さん達にお父さんの大学時代の武勇伝や珍エピソードを開帳し(秘密は厳守 )、普段の自分たちが知ってる父親像とは違った姿に爆笑してました


もっと色々と食べて貰いたかったんですが、『屋台でラーメン』を食べたいそうなので、名物の鯛茶をハーフサイズで出して貰いました。



(拾い画像)


やっぱり損得なしに付き合った“戦友”はいつになってもイイもんです



ごちそうさまでした



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 久留米情報へ
にほんブログ村

安全食堂 @ 福岡市西区

暑ちちのち ですバイ

お盆は高知に帰省してるので、少し早めですがお一人様でお墓参りに行って来ました。


例によって帰りのバスを待ってる間にヤマザキデイリーショップで「ギョロッケ」と今回は何を血迷ったのかビールなんぞをやってました





うまか~♪♪♪



と前置きしといて、今回は西区の人気ラーメン店『安全食堂』に潜入してきました



到着したのが12時だったので行列覚悟で潜入したら10人程だったので一安心。約10分程で席に着く事ができました


ちゃんぽんが旨いとの評判が高いので最後まで迷ったんですが、やっぱり「初志貫徹」でラーメンと焼き飯にしました。

待ってる間のテーブル調味料チェ~ック




紅しょうが、すりゴマ、胡椒、ラーメンのタレにウスターソースと基本的なラインナップです。(辛子高菜はありません)


座れた席が良くて、大将がラーメンを作る様子がバッチリ見れます




どんなに忙しくても一度に茹でるのは4玉まで。
そして毎回毎回、釜に目を近づけて茹で加減をしっかりチェックし、平ザルで捌いて湯切りをしてます。

その真剣な眼差しと、熟練した手さばきはずっと見てても飽きませんね~



ラーメンは大将、その他は息子さん(?)・おばちゃんと役割が分かれてるようで、先に焼き飯が登場。





注文する時に焼き飯で800円は正直高いなと思ったんですが、十分2人前はある超ボリュームに納得。





具材は豚モモ肉のチャーシュー(たぶん)、ちゃんぽんに使う赤いカマボコが彩りのアクセントになってます。

見た目の迫力とは正反対に味付けはかなりのヘルシー感でびっくり
ソースを掛けて調整しないと後半は味に飽きてしまいます



ラーメン登場




トッピングは福岡にしては厚目にスライスされた豚モモ肉のチャーシューとネギのみと、今どきラーメンとは違い至ってSimple is Best な伝統的景観です。


麺リフト~♪



これも正統派の細麺。
麺の固さを普通で頼んだので、さくっと写真を撮って素早く実食に突入


スープはほんのり豚アロマが感じられる、あっさりし目の至って普通な味です。

でも最近ではなかなか出会わない伝統的な味で、うまいと言うより懐かしい方が先に感じられるイニシエな味です。

目立ったインパクトは一切ありません。

でも、こういうじわじわ~っとやって来る飽きがこない味が良いんですね~



次回は噂のちゃんぽんやネ

ごちそうさまでした



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 久留米情報へ
にほんブログ村

餃子専門店 明楽 @ 久留米市

アジトを出て3歩あるけば全身から大量のオヤジ汁がしたたり落ちてきます


しか~し、生まれてこの方「夏バテ」や「夏ヤセ」とは全く縁がありません(笑)

それどころか、暑いからこそ食欲が湧いてくる、今となってはちょっとこまった体質なんです・・・(^o^;)



ヤボ用で西鉄久留米駅へ行ったらちょうどランチタイム

駅ビルにある「味のタウン」をうろうろ・・・


先日行った某有名ぎょうざ専門店がオヤジの志向とは違ってたせいなのか、「ぎょうざスイッチ」が入ってたようで、『餃子専門店』の看板とショーケースに胃袋が反応しました



餃子専門店 明楽







餃子・チャーハン・ラーメンが頭の中でグルグル巡る状態でメニューを見てもなかなか「コレ」というのが見つけられない


すると店員さんが『ABCのセットがオススメですヨ』と中国訛りでアドレスしてくれたので、水餃子・五目チャーハン・サラダ・スープ・漬物のBセットにしました。



大根サラダ 入場




大根がしゃきしゃきしてゴマドレッシングがイイ感じです。



しばらくして、五目チャーハンが入場




チャーハン・ア~ップ




パラパラに仕上がった五目チャーハンはオヤジの好みど真ん中
一口で胃袋をわしづかみされました

壁にかかってるメニュー写真を見ると、12種類のチャーハンがあるみたいで、順番にチャレンジしてみたくなりました。



スープ&漬物(ザーサイ)




ザーサイはなかなかうまし。
スープは・・・( ̄▽ ̄;)


それにしても、水餃子がなかなかやって来んなぁと思ったら、やっと水餃子が登場・・・




『2個かよ 』とさま~ず三村ばりに頭の中でツッコミを入れる (笑)





ツルッ・モチッとした食感の皮、そして餡もイイ感じやなかですか


水餃子は全くと言ってもいい程食べた事がないんですが、たまにはイイかも

次はフルサイズで頼んでみたいですね


最後にお店のサービスでアイスクリームを出してくれました。





「出されたものは残さず食べる」がモットーなので、大変ありがたく頂きました。


が、せっかくの美味しい余韻がバニラアイスの味で台無しになってしまいました
(贅沢&ワガママ言ってスイマセン )



次回はチャーハンと水餃子を単品で食べよっと


ごちそうさまでした




にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 久留米情報へ
にほんブログ村

ぎょうざ 五十番 @ 久留米市

7月も終わり、今年も残すとこあと5ヵ月となりました(笑)


定例の月末ミーティング&事務処理をサクッと終わらせたら、「どうしてもビールを飲んでから帰りたいからイイとこ教えて」という事務員さんに身柄を確保されガイド役に仕立てあげられました


それなら、久留米で超人気&老舗のぎょうざ専門店に行ってみましょうと、一番街のアーケードを横に入り





到着したのが『ぎょうざ 五十番』





このお店、志村けんは「日本一うまい」と絶賛し、地元のスター藤井フミヤは「これがあるから帰って来る」というお店。


噂はかねがね聞いてて、行ってみたいと思ってたんですが、実はランチ以外のお一人さまが出来ないオヤジも未体験。



カウンター席のみ、15人が座れるかどうか



(拾い画像)


まだ6時ちょい過ぎというのにお役所関係と思われる団体が盛り上がってて、8割がた埋ってました


メニューは

■餃子 450円
■水餃子 500円
■酒 350円
■ビール(中ビン) 550円
■めし 小100円  大150円
■おにぎり(二個) 300円
■キムチ 150円
■焼酎(白波) 300円
■コーラ 150円
■ジュース 150円


当然ビール&ぎょうざをオーダーです。


待ってる間のテーブル調味料チェック





ぎょうざのタレ・ニンニクだれ・鷹の爪とシンプルなラインナップ。


普通ならオーダー順で提供されるんでしょうが、大将が気を効かせて先に出してくれました


ビール&ぎょうざ 入場





ぎょうざア~ップ




一人前づつ鉄鍋で焼かれます。

ぎょうざはひっくり返さず、カリッと焼かれたとことモチッとしたとこのハーモニーを楽しむのだとか。


いただきま~す♪




焼き目はパリッとして香ばしいですね~

でもモチッとは・・・ オヤジのバカ舌には全く感じられず

そして、具はかなり控え目で「焼きワンタン」な感じです。

お連れした事務員さん他の満足気な様子にホッ


その一方で勝手に期待値を高くしてたオヤジは、心の中でかなり残念な感じがしてました


まぁ、食べ物の志向って十人十色ですから(笑)




事務員さん他と別れたあと、セブンイレブンで晩ごはんをお買い物





オヤジはやっぱボリューミーでニンニクが効いたぎょうざが好きだと再確認したのでした



ごちそうさま



にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 久留米情報へ
にほんブログ村

Pagination

Utility

アクセス

プロフィール

☆ラインバッカー☆

Author:☆ラインバッカー☆
スポーツから遠ざかること約20年…
今じゃ階段で2階まで昇るだけで息切れする始末。

単身赴任オヤジが思いつくままに作ったテキトー料理、読書や食べ歩きなどをヒマな時にヒマにまかせてUPしてます。

リンクはご自由にどうぞ!

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム