忘備録 1

  • 2013/02/09 22:33
  • Category: 法事
皆さま、お久しぶりでごさいます

本日より再開しますので、これからもヨロシクお願いします !



実は・・・クリスマスも終わり、お正月に向かう12月27日に母が他界しまして、四十九日が済むまでブログの更新をお休みしてました。


初めて経験する肉親の死。
今後も避けて通るわけにはいきません。

しかも初めての経験ともなれば暗中模索・五里霧中の状態で、参列して下さる方にだけは失礼のないようにしなくては!と思ってたんですが、やはり失敗の数々・・・


なので反省を踏まえつつ、今後のための忘備録代わりに数回に渡って書き留めていきたいと思います。




さて、まずは母が入院してからお葬式までの事。


【救急搬送~入院】

12月25日 19:00

会社で同僚と一杯やりに行く相談をしていたら、妹から母がまた食べ物を詰まらせて救急搬送されたと連絡が入りました。


アジトから急いで病院に駆けつけると既に処置は終わっていて、しばらくすると医師から病状と今後の見通しについて説明があり、無酸素の状態が長かったため脳のダメージが大きくて、機械を使って延命させる事はできるけど、病状が回復する見込みはないとの事でした。


父の意向に沿い積極的な治療はせず、静かに見守る事にしました。

そして、父が母の側に最後までいたいと言うので病室は個室を選びました。


12月26日

仕事を定時で上がって病院へ。

昨夜から続く低酸素脳症に伴うてんかん発作。いくら積極的な治療は希望しなかったとは言え、断続的に痙攣発作が続いているのを見るのは辛いので薬で抑えてもらう。


帰り際に届くかわからないが声をかけて、
反応したと思ったのは都合のイイ解釈かな。


【臨終】

12月27日 20:20

前日同様、定時で仕事を上がって病院へ。

ベッドサイドで父と1時間程話をしていると、母の呼吸が切れ切れになり、そのまま・・・


医師がバイタル等を検査し死亡を確認。


看護師さんが綺麗に母の身仕度を整えて下さる間に父にお寺の確認をしたんですが「西区にある禅宗のお寺」と繰り返すばかり。

埒があかないんで本家のいとこに母が亡くなったと電話してお寺と連絡先を教えて貰いました。


ウチは禅宗なのは知ってましたが、この時初めて臨済宗だったのを知りました(汗)


続いて葬儀社へ連絡して病院から葬祭場までの搬送を依頼しました。


ふと気が付くと、父が最近持った自分の携帯で親戚に連絡していたのを見つけストップをかけ、この後の段取りが決ってから連絡するよう諭したんですが・・・父は完全にパニック状態でした。


そしてこの時、私がしっかり仕切らねばと決意したのでした。


葬儀は母が生前に近所の葬儀会社の互助会で積立てをしていたので、そちらにお願いしました。お陰で葬儀社選びに迷わなくて助かりました。


ちなみに、妹と相談して母の事が落ち着いたら父の積立てを開始する予定です。


入院費の精算と死亡診断書(2通)を貰い、霊安室から寝台車に父と私が同乗して葬祭場へ向かいました。


【葬祭場】

母を安置。

葬儀の予定を簡単に打ち合わせて、翌日(28日)が友引のため29日通夜・30日葬儀に決まりました。

この日は父と私はそのまま葬儀場に泊まり、母のお守りをしつつ葬儀の規模など父の希望を確認したところ、華美にならないようにして欲しいとの事でした。


それにしても完全にテンパってる父です。


そこで落ち着かせる為にワンカップの焼酎を飲ませ、出来るだけ寝させる事で明日以降に備えさせました。


と、私はさも落ち着いて冷静に対応した様に書いてますが、全く初めて経験する事態で段取りも全くわからず、内心ではかなり焦ってました。

そして案の定その後数々の失態をやらかすのでした。


つづく・・・

Pagination

Comment

☆ラインバッカー☆

一流のB級フリークさんへ

コメントどうもありがとうございますi-185

やることが多すぎて、悲しむ暇もなくて
ある意味良かったのかなと思います。

これからもヨロシクおねがいしま~すi-179

  • URL
  • 2013/02/17 13:00

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

アクセス

プロフィール

☆ラインバッカー☆

Author:☆ラインバッカー☆
スポーツから遠ざかること約20年…
今じゃ階段で2階まで昇るだけで息切れする始末。

単身赴任オヤジが思いつくままに作ったテキトー料理、読書や食べ歩きなどをヒマな時にヒマにまかせてUPしてます。

リンクはご自由にどうぞ!

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム