雑感

国の臨時雇用対策として、各地の公立小中学校では「学校図書館支援員」と言う方を採用し、各学校へ配置していってるそうです。


この「学校図書館支援員」さんは、学校の図書館の使い方や蔵書の整理、はたまた読み聞かせ(嫌いな言葉ですが)などをされてるそうで、市町村の臨時職員として採用されてます。


私の知り合いが「学校図書館支援員」をしてて、その方話しを聞いてて、あれ?っと思った事がいくつかありました。


①学校へ通勤は自腹
→募集要綱に書いとけよ、ってか、お金がなくて働きに行ってるのに… バスとか通ってないところはマイカー通勤で駐車場代を取られるところもあるらしい!


②採用が決まっても仕事内容の詳しい説明や研修もなし。何をするかは校長の指示に従いなさい。
で学校へ行ってみると、「学校図書館支援員」を配置した目的や仕事の内容について知らされていなかった
→国から予算だけが降りて来て、自治体は何をするのかを考えてなかった!?


③遠足についていかされた上にバス代は自腹
→仕事の交通費が自腹って…、貸切バスって一台いくらじゃないの?費用は予算組してあったり、学級費とかから出すんじゃないの?
結局先生達が負担してくれたそうですが…


④夏休み中に学校を使ってで地域のイベントがある。休日なので来いとは言えないが、良かったら遊びに来てね
→事実上のサービス出勤要請!?


⑤「学校図書館支援員」関連の研修会の案内が来たが、あるのは平日の午後。しかも参加するには有給休暇を取らなくてはいけない
→この研修会を企画した人って対象者の採用条件などの状況を把握してない!?


他にも色々あるそうですが、仕事自体は子供もなついてくれて楽しくやってるそうです。
が、大人の事情が普通のモノサシでは計り知れない、独特のルールがあったりして困惑してるそうです。


でも今の社会状況を考えると雇ってくれてるだけありがたいと言ってます。

それって、テレビで良く見る派遣社員のセリフと一緒やん、市町村が雇っててこんな事でイイの??


Pagination

Trackback

Trackback URL

http://linebacker56.blog2.fc2.com/tb.php/32-1e48f679

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

アクセス

プロフィール

☆ラインバッカー☆

Author:☆ラインバッカー☆
スポーツから遠ざかること約20年…
今じゃ階段で2階まで昇るだけで息切れする始末。

単身赴任オヤジが思いつくままに作ったテキトー料理、読書や食べ歩きなどをヒマな時にヒマにまかせてUPしてます。

リンクはご自由にどうぞ!

ブロとも申請フォーム