博龍軒(福岡市)

今回はキャナルシティの近くにある九州支店に用があったので、ついでに少し足をのばして「博多の豚骨ラーメン」の元祖の一つと言われる『博龍軒』へ行ってみました。


ところで、「博多」と「福岡」の違いについて・・・


本来の博多とは大人の社交場の中洲から東のエリアで、商人(町人)の住む街でした。


そして、中洲から西のエリアが福岡で、武家(黒田家)を中心とした城下町でした。


近年このような身分による住みわけは当然ながら無くなってますが、春のお祭りで商人(町人)が顔バレしないようにお面を被ってお殿様に申し立てをしたのが始まりの「博多どんたく」と夏お祭りで、福岡エリアには立ち入らない「博多祇園山笠」にその名残を垣間見ることができます。


さてさて本題のラーメンですが、地下鉄・貝塚線の馬出九大病院前で降りて5番出口を左へ。
お店はビル(マンション)の間の目立たないところにひっそりとありました。





店内はカウンターのみで約10席。

壁に貼ってあるメニューを素早くチェックして『ラーメン 550円』を注文。

ちなみに、博多ラーメンに替え玉はありません。


約1~2分でラーメンが登場!




具はネギ・キクラゲ・チャーシュー2枚のオーソドックスなラインナップ。


福岡のラーメンは白濁した豚骨スープが特徴の一つですが、ここは茶色がかったスープです。


一般的な豚骨ラーメンに比べて脂分は非常に少なくてかすかに甘味があります。


あっさりしてるので、味が薄いと感じるならカウンターにある元ダレを入れて自分好みに調整して下さい。

それと、カウンターにはコショーと摺りゴマはありますが紅ショウガや辛子高菜などはありません。


麺は福岡では珍しい平打ち麺です。





ちょっと柔らか目に茹でてありました。


それにしても、丼が昔ながらの手で持てるサイズなのがイイ!

やっぱラーメンは丼を持ってズルズル~っとやるのが正しい食べ方ですよね


寒かったせいもあって、しっかりスープを飲み干してしまいました


ごちそうさまてした




にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 久留米情報へ
にほんブログ村

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

アクセス

プロフィール

☆ラインバッカー☆

Author:☆ラインバッカー☆
スポーツから遠ざかること約30年…
今じゃ階段で2階まで昇るだけで息切れする始末。

転勤族オヤジが本能にまかせて食べ歩いた事、見た事、聞いた事などをヒマな時にヒマにまかせてUPしてます。

リンクはご自由にどうぞ!

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム