2014日本代表

2015年月にスエーデンのストックホルムで世界選手権が開催されます。





第5回 シニア世界選手権大会
主 催 国際アメリカンフットボール連盟(IFAF:International Federation of American Football)
日 程 2015年7月4日(土)~7月18日(土)
場 所 スウェーデン王国ストックホルム市
参加国(予定) 12カ国 前回優勝国(アメリカ)、開催国(スウェーデン)、ヨーロッパ(3)、アメリカ大陸(3)、アジア(2)、オセアニア(1)、アフリカ(1)


日本は第1・2回大会を連覇したのですが、第3回(日本開催)は2位、第4回(オーストリア開催)は3位でした。


3大会ぶりの優勝を目指し、日本アメリカンフットボール協会は4月7日に日本代表選手45人を発表しました。



【日本代表選手】

QB 6 菅原 俊(オービック・シーガルズ・法政大学)
QB 8 平本 恵也(富士通フロンティアーズ・日本大学)
QB 19 加藤 翔平(LIXILディアーズ・関西学院大学)
RB 26 原 卓門(オービック・シーガルズ・法政大学)
RB 25 東松 瑛介(ノジマ相模原ライズ・立命館大学)
RB 20 高野橋 慶大(富士通フロンティアーズ・立命館大学)
WR 87 林 雄太(アサヒビール・シルバースター・日本大学)
WR 85 萩山 竜馬(オービック・シーガルズ・東北大学)
WR 24 柴田 尚彦(パナソニック・インパルス・関西学院大学)
WR 5 遠藤 昇馬(パナソニック・インパルス・日本大学)
WR 4 中川 靖士(LIXILディアーズ・龍谷大学)
WR 1 前田 直輝(LIXILディアーズ・立命館大学)
WR 17 宮本 康弘(LIXILディアーズ・法政大学)
TE 84 森 章光(オービック・シーガルズ・名城大学)
TE 41 大橋 智明(富士通フロンティアーズ・桜美林大学)
OL 73 黒川 晴央(アサヒ飲料チャレンジャーズ・名城大学)
OL 77 野田 健仁(アサヒ飲料チャレンジャーズ・大阪府立大学)
OL 67 山本 祐介(オービック・シーガルズ・北海学園大学)
OL 78 淺野 匡洋(パナソニック・インパルス・立命館大学)
OL 76 鈴木 快幸(パナソニック・インパルス・日本大学)
OL 72 小林 祐太郎(富士通フロンティアーズ・日本大学)
OL 57 斎田 哲也(富士通フロンティアーズ・法政大学)
副将OL 70 荒井 航平(LIXILディアーズ・日本大学)
DL 55 平澤 徹(アサヒ飲料チャレンジャーズ・関西学院大学)
DL 90 中田 善博(オービック・シーガルズ・関西大学)
DL 50 冨田 祥太(オービック・シーガルズ・日本大学)
DL 10 武田 航(パナソニック・インパルス・中央大学)
DL 31 三井 勇洋(オービック・シーガルズ・京都大学)
DL 53 岡本 遥(富士通フロンティアーズ・立命館大学)
DL 91 重近 弘幸(LIXILディアーズ・関西大学)
LB 45 竹内 修平(富士通フロンティアーズ・日本福祉大学)
主将LB 9 塚田 昌克(オービック・シーガルズ・立命館大学)
LB 44 岸本 祐輔(IBMビッグブルー・立命館大学)
LB 13 天谷 謙介(LIXILディアーズ・日本大学)
LB 96 澤田 遥(関西大学卒・箕面自由学園高)
LB 42 池田 雄紀(関西学院大学卒・関西学院高)
DB 28 砂川 敬三郎(オービック・シーガルズ・関西大学)
DB 14 藤本 将司(オービック・シーガルズ・立命館大学)
DB 16 増谷 俊紀(パナソニック・インパルス・日本体育大学)
副将DB 22 今西 亮平(パナソニック・インパルス・立命館大学)
DB 27 辻 篤志(パナソニック・インパルス・大阪産業大学)
DB 33 藤田 篤(富士通フロンティアーズ・日本体育大学)
DB 21 加藤 公基(LIXILディアーズ・金沢大学)
DB 23 矢野 秀俊(LIXILディアーズ・日本大学)
K/P 18 佐伯 栄太(パナソニック・インパルス・桃山学院大学)


【日本代表スタッフ】

ヘッドコーチ 森 清之(LIXILディアーズ)
攻撃コーディネーター 富永 一(オービック・シーガルズ)=RB/TEコーチ兼任
QBコーチ 須永 恭通(ノジマ相模原ライズ)
WRコーチ 長谷川 昌泳(日本大学フェニックス)
OLコーチ 米澤 順司(パナソニック・インパルス)
守備コーディネーター 大橋 誠(オービック・シーガルズ)
DLコーチ 延原 典和(富士通フロンティアーズ)
LBコーチ 今野 浩嗣(アサヒビール・シルバースター)
スペシャルチームコーディネーター 和地 英次郎(ノジマ相模原ライズ)=DBコーチ兼任
ドクター 反町 武史(立教大学ラッシャーズ)=フィリピン戦
ドクター 本杉 直哉(オービック・シーガルズ)=ドイツ戦
アスレチックトレーナー 大隈 重信(富士通フロンティアーズ)
アスレチックトレーナー 吉永 孝徳(オービック・シーガルズ)
アスレチックトレーナー 倉知 良博(オービック・シーガルズ)
マネジャー 眞中 久仁枝(LIXILディアーズ)
マネジャー 中村 友美(IBMビックブルー)
マネジャー 西川 真理緒(アサヒビール・シルバースター)


そして今日4月12日に代表の初ゲームとなる 川崎富士見球技場メインスタンド竣工記念の日本対ドイツ国際親善試合『GERMAN JAPAN BOWL Ⅱ』が開催されます。





ドイツはヨーロッパ屈指の強豪チームです。まずはここでチームの結束を固め、本番のアジア地区予選 4月26日(土)(アミノバイタルフィールド)のフィリピン戦に挑んでいって欲しいですね。

ちなみに、日本対フィリピン戦の勝者が第5回シニア世界選手権に出場します。

(アジア予選出場:日本、韓国、クウェート、フィリピンの4カ国、このうち2か国が本選へ出場)




にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 久留米情報へ
にほんブログ村

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

アクセス

プロフィール

☆ラインバッカー☆

Author:☆ラインバッカー☆
スポーツから遠ざかること約20年…
今じゃ階段で2階まで昇るだけで息切れする始末。

単身赴任オヤジが思いつくままに作ったテキトー料理、読書や食べ歩きなどをヒマな時にヒマにまかせてUPしてます。

リンクはご自由にどうぞ!

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム