田中うなぎ屋 (久留米市)

得意先で製品のプレゼンをする事があるんですが、お昼時にやらせてもらう場合には、お弁当を出して食べて貰いながら話しを聞いて貰ってます。


なので同僚と見た目や味などのお弁当情報の交換は欠かせません。


いつもなら幕の内や松花堂弁当を出す事が多いんですが、今回はお得意先のリクエストが『うなぎ』だったので、同僚が薦める『田中うなぎ屋』にしてみました。



(一部拾い画像)


このお店、文化元年(1804)に久留米一帯を治めていた有馬藩のお殿様から、「鰻の蒲焼が食べたい!」という事で、田中うなぎ屋さんの初代にお江戸で鰻料理を修業させた事で出来たお店だとか。


なのでお店の暖簾にも「蒲焼元祖」と書いてあります。


が、オススメはお店の方いわく「せいろ蒸し」なんだそうです



やっぱ、筑後エリアでうなぎと言えば「蒲焼き」ではなく「せいろ蒸し」なんですね~



今回はナゼか発注数を間違ってしまい、1つ多いという不可解な事態が起こってしまったので、仕方なく私が責任を持って処理する事にしました







ふた、オープン





焼かれた後、ご飯と一緒に蒸されたうなぎ、真ん中は時間が経ってわかり難くなってますが錦糸たまごが盛られてます。



実食



タレがしっかりとご飯に「しゅんで」ます





見た目は味が濃そうですが、甘さもしつこくなくて比較的あっさりしてます。


蒸されてるせいか、弁当で時間が経ってしまったせいなのか、うなぎの芳ばしさはあまり感じませんが、


うま~


たまには「せいろ蒸し」もヨカですね♪


ごちそうさまでした




ポチっと押してもろてもヨカですか?
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 久留米情報へ
にほんブログ村

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://linebacker56.blog2.fc2.com/tb.php/719-6262bb95

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

アクセス

プロフィール

☆ラインバッカー☆

Author:☆ラインバッカー☆
スポーツから遠ざかること約20年…
今じゃ階段で2階まで昇るだけで息切れする始末。

単身赴任オヤジが思いつくままに作ったテキトー料理、読書や食べ歩きなどをヒマな時にヒマにまかせてUPしてます。

リンクはご自由にどうぞ!

ブロとも申請フォーム