ガイトーン Fukuoka @ 福岡パルコ

食いしん坊のオヤジですが、まだまだ未体験な料理や食材も多くあります。


今回は2つのお題をクリアすべく、福岡パルコの地下食堂街にある タイで人気のカオマンガイ専門店『ガイトーン Fukuoka』でタイの庶民的食べ物「カオマンガイ」にチャレンジして来ました。


このお店はタイで人気のカオマンガイ専門店「ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム」の九州1号店だそうです。





「カオマンガイ」はご飯の上に蒸し鶏が乗った飯で、シンガポールではチキンライスと言われるそうですね。


例によってお一人様のオヤジは、カップル・友人グループ・家族連れをすっ飛ばしてのご案内となり、ほとんど待つことなく着席する事が出来ました


メニューはシンプルにカオマンガイの並か大盛(+50円)、それにドリンク、デザートをセットするかなので、悩み多きオヤジにはありがたい。





シンプルにカオマンガイの大盛をオーダーしました


先にスープ、タレ、そしてパクチーが登場です。



スープ





鶏を茹でた際に出たスープらしいのですが、水炊きのスープと同じ味がして親近感がわくというか、全く抵抗感なく飲めてうまい


というか、水炊きスープを思い出てし塩胡椒を足したくなりました



カオマンガイ登場






これにタレをかけてパクチーをパイルダーオン






ここからが「お題」です。


「その1」
タイ米を食べてみる


1993年の米不足騒動の際に緊急輸入されたタイ米。

長粒米の特徴を全く理解せぬまま、日本の米と混ぜられて炊かれたコンビニおにぎりを食べてしまった私は「タイ米はまずい」とのイメージがついてしまいました。


タイ米はきちんと炊けばおいしいそうで、ならばまずいとのイメージを払拭しようとご飯だけを先に一口





鶏のスープできちんと炊いた米はあの時味わったパサパサ感は全くありません。

そしてニンニクの香りが口いっぱいに広がります

タイ米もきちんと炊けばうまいんですね~



「その2」
パクチーを食べてみる


元来お子さま味覚で、納豆・ネギ・春菊・山椒などのちょいと香りにクセがある物を極力避けてるんですが、食べず嫌いだけは止そうとチャレンジはしてみてます。


団長からは「あなたにパクチーは絶対ムリ」と言われてます。


ならばこの機会にとチャレンジしてみます。






・・・

口の中に広がるこの匂いは、ウチの庭の花壇の草むしりをした時のあのニオイ


無条件降伏しました

ちなみに、パクチーはおかわり自由だそうです。



場所がらランチでも1000円~が普通なのに、並盛 800円はコスパがとても高いと思います


因みにテイクアウトも出来るそうですヨ。


初のカオマンガイ、おいしかった

ごちそうさまでした



ポチっと押してもろてもヨカですか?
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 久留米情報へ
にほんブログ村

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://linebacker56.blog2.fc2.com/tb.php/752-f94ee5fb

Comment

☆ラインバッカー☆

warさん♪

パルコの地下にあるわりにリーズナブルな値段で
本当にコスパはイイと思います。

チャンスがあれば是非トライしてみて下さい(^^)
  • URL
  • 2015/03/26 06:28

wra

これはなんと、素晴らしい情報ありがとうございます。このカオマンガイ、タイ旅行の情報誌を見ていて気になっていたんですよ!

この値段なら私のような貧乏学生でもいただけそうですね。水炊きスープとの共通性は・・・なるほど、わかります。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

アクセス

プロフィール

☆ラインバッカー☆

Author:☆ラインバッカー☆
スポーツから遠ざかること約20年…
今じゃ階段で2階まで昇るだけで息切れする始末。

単身赴任オヤジが思いつくままに作ったテキトー料理、読書や食べ歩きなどをヒマな時にヒマにまかせてUPしてます。

リンクはご自由にどうぞ!

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム