茨城県・宮城県での堤防決壊で思う

茨城県では鬼怒川の堤防が、宮城県大崎市でも堤防が決壊し、栃木県では土砂災害が発生し、お亡くなりになられた方もおられます。





(拾い画像)


まずは心よりお見舞い申し上げます。


近いところでは、東日本大震災や3年前の九州北部豪雨災害、広島の土砂災害、高知市の冠水など我が日本国はつくづく「自然災害大国」なのを痛感してしまいます。



以下はオヤジの戯れ言です。
例によって、興味の無い方はスルーして下さいませ~



この日本国において、国土強靭化を推進しない政権や、国民を守るための予算を渋る財務省、さらには公共投資の継続的な拡大に異を唱える人は、いったい何を考えているのでしょうか?


公共事業というとネガティブなイメージが先行し、脊髄反射的に『反対』と叫ぶ方々がいますが、この現実を見て果たして『それでもダメなものはダメ』と言うのでしょうか?


小泉政権の頃から公共事業の予算は不必要な程に削減され、各地方の建設業者は次々と潰れていきました。
(その他にも小泉・竹中で今に至る日本を崩壊させる仕組みを作りました)

でも、いざ災害が発生した時に素早く復旧工事をやってくれるのは誰あろう地元の建設業者なんです。


公共事業費を掠め取ったりピンはねする輩は別途厳しく取り締まれば良いんです。


公共事業、特に生活の基盤となる社会インフラの建設・整備は決して無駄ではなく、私達の生命・財産を守る資産となって帰ってきます。


そして今の経済状況は供給力はあるのに需要が減りGDPが縮小して国民が貧困化している『デフレ』です。
(因みに株価が上がるのとデフレが改善するのは無関係です。)


現在日銀は銀行などから国債を買い戻してお金をどんどん供給してます(所謂「国の借金」がどんどん減ってますヨ)。
そして超低金利。


普通なら低金利で設備投資が出来る環境であり、どんどん資金を借りて設備投資をするんですが、肝心の需要が無いので新しく工場を建てたり、機械を買い換えたりする必要も無いので貸出し先が無い状態です。


民間がお金を使わないなら代わりに国が使って支えるしかありません。


そして国が使うならば、


①国土強靭化
治水・土砂災害対策、高速道路、新幹線、リニア新幹線

②教職員の拡充

③日本海側のメタンハイドレート開発

④国際リニアコライダー(ILC)



①は日本が自然災害大国であり、今回の様な災害、特に首都直下型地震が発生した際に助けてくれるのは誰でしょうか?。
米国・中国・韓国?
いえいえ、真に助けてくれるのは地方に住む日本国民なんです。
なので東京(首都圏)を支える(バックアップする)体制と体力が地方に絶対に必要なんです。
その地方が疲弊・崩壊していたら、助けようがありません。


②日本はレベルの高い教育を受けた『人』が何よりの財産だと思います。そして親は教育にはお金を惜しみません。子供10人に先生1人でもいいじゃないですか!


③これが出来れば日本がエネルギー大国になる!!
日本海にはメタンハイドレートが竹の子の様にせりだしてて、後は効率良く採取する技術を開発するだけなのに、国はナゼか非効率な太平洋側にこだわってでやってます。(東大学者や官僚の嫉妬や妬みらしいです)


④は最近全く話題にもなってませんが…
ILCとは、電子と陽電子を光速に近い極限の速度まで加速して正面衝突させ、宇宙創成1兆分の1秒後の「エネルギーのかたまり」が生み出しビッグバンを再現する事で、どのようにして宇宙が生まれ、物質が生まれたのか、という人類が長年抱いてきた謎の解明に挑む国際プロジェクトです。


建設候補地としては、シカゴ・ジュネーブ・日本の北上山地などがあります。
(福岡・佐賀の背振山地は落選)


総額約2兆円規模の国際共同プロジェクトなんですが、どこも財産難のようで、今ならこれを日本に持って来れるチャンスです。

日本でやる様になれば、建設から運用まで30年で25万人の雇用が生まれ、経済効果は30年で約45兆円になると試算されています。
それなら2兆円全額日本が負担しても安いもんです。

経済面も大事ですが、これまでこの研究に関連して電子の発見がエレクトロニクス産業の、量子力学がライフサイエンス・ナノテクノロジーの基盤となりました。
またガン治療の切り札と期待される陽子線治療をはじめ、医療診断装置や粒子線治療も素粒子物理学の研究から産まれました。

そして加速器が作り出す放射光は、創薬技術を牽引し、電子線滅菌装置は、医療・食品衛生の技術的基盤となっています。また、実はインターネットのWeb技術も、素粒子の研究から発明されたものだったりするそうです。





そんな世界中の『頭脳』とも言える人達が家族を伴って日本にやって来るんです。


わくわくしませんか?


にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 久留米情報へ
にほんブログ村

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://linebacker56.blog2.fc2.com/tb.php/812-012d7bc7

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

アクセス

プロフィール

☆ラインバッカー☆

Author:☆ラインバッカー☆
スポーツから遠ざかること約30年…
今じゃ階段で2階まで昇るだけで息切れする始末。

転勤族オヤジが本能にまかせて食べ歩いた事、見た事、聞いた事などをヒマな時にヒマにまかせてUPしてます。

リンクはご自由にどうぞ!

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム