電力自由化って

いやはやアジト地方は39年ぶりの大寒波にみまわれ、冷蔵庫いや冷凍庫状態でございます❄⛄





年に一度雪を見るかどうか、雪が積もるのは数年に一度というところに住んでると、滅多にない体験への嬉しさが先にきてしまいます f(^_^;


でも100メートル先のコンビニに行くにも躊躇し四苦八苦してます (>_<)


そうなると、アジトにこもってTVばかり眺めて過ごすようになるんですが、「電力自由化」の話題が取り上げられてたんで、オヤジの思うところを書いてみます。


以下は例によってオヤジの戯れ言です。
興味のない方はスルーして下さいませ~



「電力自由化」


正確には電力の『小売り』自由化と言う事で、これまでも企業(工場など)向けの一部には解禁されてました。





が、2016年4月からは一般向けにも解禁される様になります。





この電力市場規模が約8兆円あるそうで、これを狙って外資系も含めた様々な企業が一儲けをたくらんでますね。


よく耳にするのは『電気代が安くなる』って話しですが、本当にそうなの?



電気代は高い?


電気は水や食料と同様に、生きていくために絶対に必要不可欠なものです。


アジトはオール電化で、従量電灯Bと深夜電力Bの契約をしています。


1月の請求額を見てみると、従量分が3513円、深夜分が3691円で合計7204円(税込)です。


ここからは合算で書きますが、内訳をみると、基本料金が2300.4円、電力量料金が4660.14円、燃料費調整額が ―410.85円
再生エネ賦課金が655円と書いてあります(課税前)。


『電力量料金』は使った電気に掛かる料金ですね。


『燃料費調整額』は、火力燃料費(原油・液化天然ガス・石炭)の変動をできるかぎり迅速に電気料金に反映させるため、3か月間の平均燃料価格が33,500円/キロリットル(平成25年5月電気料金見直しの前提となっている原油換算燃料価格です。)から変動した場合、その変動分に応じて電気料金を調整する制度です。(九州電力HPより)


という事で、燃料代が安くなったので値引されてます。


『再生エネ賦課金』は、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」によって無理やり支払わされている料金です。


電力が自由化されたら年間で約5000円程度安くなる❗という『安さ』を強調し、電力自由化を歓迎するスタンスの報道が目立つ様です。


『電気代が安くなる❗』と言ってますが、大半は、基本的に電気料金は変わらず、セットされるサービスの部分を安くして、トータルしたら安くなる。とか、2年縛りで安くなる、といった携帯電話の料金プランの様な感じになるんでしょう。


もちろん高いよりは安い方が嬉しいんですが、一度冷静に考えてみると・・・


安くなるのが年間5000円程と言われてますが、月額なら約420円で1日当たりなら15円弱になります。


この程度なら、しっかり節電すれば十分減らせるし、ラーメンの替玉やライス大盛の回数を減らせば、家計にもメタボに優しいいのでは(笑)


そう考えると個人的なメリットは全くありません。


そもそも電気料金の値下げを期待した制度なら、消費者に何のメリットも無いのに無理やり取られてる『再生エネ賦課金』がゼロになった方がよっぽどメリットがあります。


そして2020年には送電も自由化される予定です(しかも外資系もOK)


「構造改革」「規制緩和」の美名のもとに、日本の一番大事な部分が金儲けしか考えてない外資に奪われ、崩壊しない事を切に願うオヤジなのでした。



最後まで駄文・長文におつきあい頂き、ありがとうございました❗



ポチっと押してもろてもヨカですか~?

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 久留米情報へ
にほんブログ村

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://linebacker56.blog2.fc2.com/tb.php/876-f197debd

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

アクセス

プロフィール

☆ラインバッカー☆

Author:☆ラインバッカー☆
スポーツから遠ざかること約20年…
今じゃ階段で2階まで昇るだけで息切れする始末。

単身赴任オヤジが思いつくままに作ったテキトー料理、読書や食べ歩きなどをヒマな時にヒマにまかせてUPしてます。

リンクはご自由にどうぞ!

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム