焼麦弁当 by 中央軒

やっとこさラインバッカー団 高知本部に向かってるオヤジです 🚄


アジトから12時48分発の新幹線さくら554号での移動なので、久留米駅のキオスクで駅弁を買ってみました。


少数精鋭な品揃え(笑) の中からチョイスしたのは



焼麦弁当






『焼麦』ってなんやろか? と思いつつ買ったんですが、よ~く見てみたら蓋に「しゃおまい べんとう」とひらがなで書いてありました💧


中央軒のホームページで確認すると、大正2年、日本で最初に販売を開始した「かしわめし」と昭和31年発売の「焼麦」この九州を代表する、二つを同時に味わえる豪華な一折なんだそうです。




蓋オープン







かしわめしア~ップ






かしわめしの駅弁と言えば東筑軒の「折尾名物 かしわめし」がメジャーですが






かしわめしを駅弁として売り出したのは鳥栖駅の方が先というか、日本初なんだそうです。




焼麦(シューマイ)ア~ップ





シューマイって「焼売」って書くっちゃないと?って思ってたら、中国では、「麦(マイ)」でできたものを「焼(シャオ)」いたり蒸したりする料理を総称して「焼麦(シャオマイ)」と言うんだそうです。


昔、長崎本線の始発駅であった鳥栖。
昭和31年発売以来、親しまれてきた「焼麥(シャオマイ)」は、駅弁業界では東の「崎陽軒」 西の「中央軒」と呼ばれているそうです。


確かにオヤジが子供の頃、鳥栖のばあちゃんち(母方)に行った帰りに、親父がおやつ代わりに買ってくれたのを思い出しました。


あの頃はとっても美味しく感じたんですが、今となってはごくフツーの味。


しかも、よ~冷えとります(笑)


またチャンスがあれば、アジトから鳥栖駅までサイクリングがてら行ってみよっと🚲



ごちそうさまでした





ポチっと押してもろてもヨカですか~?

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 久留米情報へ
にほんブログ村

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://linebacker56.blog2.fc2.com/tb.php/883-5b728fe6

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

アクセス

プロフィール

☆ラインバッカー☆

Author:☆ラインバッカー☆
スポーツから遠ざかること約20年…
今じゃ階段で2階まで昇るだけで息切れする始末。

単身赴任オヤジが思いつくままに作ったテキトー料理、読書や食べ歩きなどをヒマな時にヒマにまかせてUPしてます。

リンクはご自由にどうぞ!

ブロとも申請フォーム