桜の通り抜け @ 大阪造幣局

  • 2016/04/11 18:04
  • Category: 日記
大阪に潜入して1週間が経ちました。


先週の土日は新しいアジトのセッティングに追われてたので、実質初めての休日でございます。


アジト周辺は既に一通りチェックしたので、どこかヨカとこはないかいなぁと大阪の情報屋に聞いてみると『造幣局で桜の通り抜け』がありますとのタレ込み。


さっそく出動しようと潜入ルートをチェック💻



(造幣局HPより)



どうやら通り抜けは南口からの一方通行のようで、それなら『天満橋駅』で降りるのが良さそうなので、新大阪駅 ➡ 天満橋駅 で路線を検索。






天満橋駅から外へ出ると・・・





初詣か❗と思うような人の波。

でも渋滞する事なく普通に歩くスピードでスムーズに流れてるので、ストレスなく到着です🎵





『桜の通り抜け』について調べてみると、この造幣局がある場所は元々は藤堂藩の蔵屋敷だったそうで、そこで沢山の品種の里桜を育ててたそうです。


明治になって大阪に造幣局をつくる際に、この敷地と桜を受け継いだんだそうです。


そして通り抜けが始まったのは、1883年(明治16年)で、当時の造幣局長が、役人だけで花見をしてはいかんバイ❗と、一般開放をしたのが始まりなんだそうですね。









一般的に「 桜 = ソメイヨシノ 」を思い浮かべるかと思いますが、ここには133品種、349本もの桜があるそうですなぁ。


ゆっくりと桜を愛でたかったんですが、警備員は「立ち止まるな」とアナウンスを繰り返してて落ち着いて見る雰囲気はありません (>_<)


それでも見物客同志の阿吽の呼吸での譲り合いのおかげで、所々で立ち止まって観賞&撮影をする事ができました。


桜の名前も「染井吉野」や「八重桜」「垂れ桜」とざっくりしか知りませんでしたが、八重桜の中にも「八重曙」「八重紅大島」などがあったり、「市原虎の尾」や「糸括」なんてホントいい名前が付けられてるのを見て、日本人の感性って素晴らしいと改めて思いました😊



帰りの電車の駅を探してる時に気が付いたんですが、大阪城北詰駅のすぐ側に「藤田美術館」があったんですね💦

また近いうちに行ってみよっと🎵


ちょっと歩き疲れたけど、いい気分転換になりました✌



ポチっと押してもろてもヨカですか~?


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://linebacker56.blog2.fc2.com/tb.php/902-314c1195

Comment

☆ラインバッカー☆

矢田さん♪

ほんと、桜は絵になります。

ポチっと応援しといて下さりありがとうございました。
  • URL
  • 2016/04/14 20:15

矢田@医療職兼業トレーダー

やっぱり桜は絵になりますね^^
それにしても、すごい行列。
応援しておきました。ポチッ
  • URL
  • 2016/04/14 12:25

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

アクセス

プロフィール

☆ラインバッカー☆

Author:☆ラインバッカー☆
スポーツから遠ざかること約30年…
今じゃ階段で2階まで昇るだけで息切れする始末。

転勤族オヤジが本能にまかせて食べ歩いた事、見た事、聞いた事などをヒマな時にヒマにまかせてUPしてます。

リンクはご自由にどうぞ!

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム