京都御所 @ 京都市

  • 2016/07/31 16:36
  • Category: 日記
いやはや、暑い日が続いてますね💦

こうも暑いと『クーラーが効いた部屋でのんびり読書』といきたいものですが、やっぱり外へ出たい・・・(笑)

というわけで、祇園祭がほぼ終わって少しは落ち着いたであろう京都へと行って来ました。

前回は『幕末』をテーマに 御所➡霊山護国寺➡清水寺 を巡りましたが、今回は何と7/26から御所が通年で一般公開される様になった❗との情報を入手したので、さっそく見学に行ってきました。


見学ルート


(宮内庁HPより)


清所門




ここから入って手荷物チェックを受け、入門証をもらいます。




宣秋門~御車寄




承明門から紫宸殿




紫宸殿



即位礼などの重要な儀式を儀式を執り行う最も格式の高い正殿で、大正天皇・昭和天皇の即位礼もここで執り行われたそうです。

こちらに天皇の御座である『高御座』、皇后の御座の『御帳台』が置かれていて、今上陛下の即位の礼の際には東京に搬送されたそうです。


清涼殿






御常御殿が建てられるまで、天皇の日常生活の場としてつかわれていた、所謂プライベートスペースになるそうです。


蹴鞠の庭・御学問所




御池庭




御常御殿






天皇が日常生活を営まれる御殿。
中は十五室の書院造り様式になっていて、三種の神器の「剣」「璽」を奉安する「剣璽の間」もあるんだそうです。


ゆっくり廻って約1時間でした。
炎天下ではちょっと厳しい感もありますが、所々にある日陰に入ると、風も通っててほっとします👍


日本人よりも外国からの観光客が多かったんですが、やっぱり日本人にこそ訪れて欲しいですね。


二千年以上もの間続く我が国の『天皇陛下』のご存在。

明治以来、江戸城だった所に皇居が移ってますが、西暦794年の平安京遷都以来明治になるまでの皇居はこの『京都御所』です。

お住まいに深い掘りや高い城壁などを築いたり、厳重な警護を付ける必要がなかった理由は何なのかを調べて知った上で、天皇のご存在や昨今取り沙汰されている「ご譲位」などについてニュートラルに考えたいですね。



ポチっと押してもろてもヨカですか~?


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログへ
にほんブログ村

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://linebacker56.blog2.fc2.com/tb.php/944-c4dcbb6b

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

アクセス

プロフィール

☆ラインバッカー☆

Author:☆ラインバッカー☆
スポーツから遠ざかること約20年…
今じゃ階段で2階まで昇るだけで息切れする始末。

単身赴任オヤジが思いつくままに作ったテキトー料理、読書や食べ歩きなどをヒマな時にヒマにまかせてUPしてます。

リンクはご自由にどうぞ!

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム